2019.12.04

ダラダラと話すのは禁止!長続きするカップルの「LINEルール」

LINEはとても便利なツールではありますが、ちょっと使い方を間違えてしまうと、相手に嫌がられてしまう可能性もあります。

カップルの場合は、相手にうっとうしく思われて破局につながってしまうことだってあり得ますよ。

そこで今回は、長続きするカップルの「LINEルール」を紹介します。
「LINEでダラダラと会話をするのは本当に好きじゃないですね。途中から嫌になってイライラしてきちゃうので、長い話はしないようにするって決めていますね」(29歳/男性/公務員)

男性はLINEでムダに会話をするのが大の苦手です。
コミュニケーションツールではなく、連絡ツールとして考えているので、そもそもLINEで会話を楽しもうなんて気はないはず。
なので、彼氏には送るLINEは、基本的には連絡事項であるべき。
ダラダラとどうでもいい会話をされることが多いと、あなたからのLINEを面倒に感じるようになってしまいますよ。
「返事ができなかったからといって催促されたり、それを責められたりすると、本気で腹が立ちますね。仕事中とか絶対に送れないですしね」(27歳/男性/人事)

既読になっているのに返信が来ないと、心配になるでしょうし、イライラもしてしまうかもしれません。
だからといって、返信を催促したりすると、彼氏には確実に嫌がられてしまうだけ。
束縛が強いように感じられて、重い女だとも思われてしまうでしょう。
返信ができない状況にあることは、誰にだってありますよね。それをいちいち気にしてしまうようでは、長続きする交際はできませんよ。
「LINEでケンカをするのって、本当に面倒なんですよね。長文を打つのもきついし、相手の怒りの文章を読んでも、ただただ嫌な気分になるだけですからね」(30歳/男性/メーカー)

LINEでケンカをしてしまうのは本当にNG。
文章できつい言葉を投げかけてしまうと、文字で残るものでもありますから、相手へのダメージもかなり大きくなってしまいます。
受け取り方の違いなどによって変に誤解を与えかねないので、余計にケンカがこじれてしまう可能性も大。
お互いの不満などは面と向かってちゃんと話し合うようにしないと、関係性がおかしくなってしまいますよ。
「長い文章が送られてくると、それを目にしただけでもうお腹いっぱいになっちゃいますね。返事を書くのも面倒だから、電話で話せないかなって思っちゃいます」(28歳/男性/IT)

長文のLINEは、それだけでかなりの圧迫感があります。
スクロールしなければいけないほどの長文だと、男性は間違いなくうんざりしてしまうでしょう。
いつでも彼氏と話していたいからと、ダラダラと長文を送ってしまうこともあるかもしれませんが、返信を打つのも大変ですし、面倒に感じられてしまうだけ。
毎日のように長文LINEが送られてきたら、あなたとの交際だって考え直すようになってしまいますよ。
長続きするカップルは、LINEは基本的には連絡事項を伝えるために使用しています。会話は会ってした方がいいですし、どうしても長々と話したいことがあるのなら、せめて電話で話すようにした方がいいですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事