2017.02.14

周りの子と差をつける!バレンタインチョコにプラスするならコレで決まり♪


好きな人に想いを告げるバレンタインデー。今からそわそわしている女性も多いのではないでしょうか?とはいえ、義理チョコも出回る現代では、ただのチョコレートを渡すだけではなんだかインパクトに欠けますよね。それこそ、義理チョコだと思われたら最悪です…。せっかく好きな人に贈るなら、チョコレートにプラスしたプチギフトもつけたいところ。そこで、男性が実際にバレンタインにもらって嬉しかった贈り物について聞いてきました!
「好きな子からもらったチョコに手紙が添えられていました。普段友達っぽく接しているし、あんまり積極的な子じゃなかったからめちゃくちゃ嬉しかった!手作りチョコよりも嬉しくて今でも手紙を財布にしまって持ち歩いています」(20代/学生)

定番中の定番と言えば、手紙です。しかしこの手紙、あるのとないのとでは大違い!手作りチョコレートと一緒に自分の気持ちや言葉をプレゼントするほうが、相手にはその思いの誠実さや大きさがきちんと伝わります。普段はなかなか言えない気持ちをメッセージカードや手紙に添えて贈ってみてはいかがでしょうか?
「手紙と一緒に、“観たい”って話していた映画のチケットが入っていて感動。覚えていてくれたんだっていう嬉しさと、一緒にデートできるという嬉しさの両方がこみ上げてきました。映画で俺から告って今付き合っています」(20代/IT)

彼が観たい、行きたいといっていたチケットをプラスするのも効果的。「何気ない会話を覚えていてくれたんだ」と彼も喜んでくれることでしょう。また、ペアチケットにしておけばデートの口実にもなります。次回のデートの約束をするのもスムーズですね。
「いいなと思っていた女の先輩からチョコをもらったとき、ちょっと高価なボールペンもプレゼントしてくれた。普段自分では買わないぶん、センスいいなと思った。ボールペンに名前も入れてくれていたので、ドキッとした」(20代/外資)

自分ではなかなか買わないけれど、あったら嬉しいものといえば高価なボールペンです。学校や仕事で使う機会も多いボールペンは、日頃からよく手にとるもの。使うたびに自分のことを思い出してもらえるので、プレゼントには最適です。
「鍵なくしたって言ったことを覚えていてか、チョコと一緒にキーケースをもらいました。好きな子だったから嬉しくて、ホワイトデーには俺の家の合鍵と一緒に渡して告りました。(笑)」(20代/広告)

お財布よりも安く、手軽にプレゼントできるプチギフトといえばキーケースです。買いたいと思いつつ、なかなか持っている男性も少ないもの。キーケースであればブランド物でもシンプルなものでも喜ばれる率が高いでしょう。
チョコレートだけじゃ物足りない!そんな熱い気持ちをプチギフトや手紙に込めて贈るのもあり!きっとあなたの気持ちは彼に届いてくれるでしょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事