2017.02.19

恋愛格差は人脈格差

出会い系サイト(アプリ)で恋人を見つけることに、なんの抵抗も抱かない人が増えました。
出会い系サイトで出会ってつきあっているふたりは、周囲の人に「友だちの友だちの紹介で出会ってつきあった」なんて、しれっとうそぶいて、ふつ~に交際しているのだそうです。
が、やっぱり「もう少し別の場所でちゃんとした出会いがほしい」と思っている女子は、出会いの質について、もう少し考えを深めてみてはいかがでしょうか。
今回は、そんなお話をしたいと思います。

■出会い系サイトはなぜ恥ずかしいのか?

「出会い系サイトで出会って交際するのは恥ずかしい」という考え方がある理由のひとつは、明らかに昔の名残です。
昔は、出会い系の業者が大量の、いわゆるサクラを雇っており、男は場合によっては借金をしてまで、そのサクラを熱心に口説いていました。
女子は、バイトでサクラをしていればかなり稼げたし、サクラのバイトを通して「エッチしてもいいかな」と思える男子と電話がつながれば、ほぼ無料で気持ちいいことができました。
このような「ことのカラクリ」を知らず、業者にたくさんのお金を払い続けていた男子と交際する女子はいかがなものか……こういう考え方が、昔は出会い系サイトを取り巻いていました。

ハッキリ言ってしまえば、出会い系に群がる男女にさしたる過ちはなく、今では考えらえないくらいにエゲツナイ業者がたくさんあった、ということです。

***

今はもう少し状況がマシなようで、ちゃんとした男女が出会い系サイト(アプリ)で出会って、場合によっては結婚することもありますよね。
出会い系の業者が少しはまともになったから、こういう幸せなカップルが増えたとも言えます。

が、それでも出会い系で出会うことについてまわる「うしろめたさ」とは、どういう気持ちなのでしょうか?

■出会いの本質とは

まともな出会い系サイトが増えたにもかかわらず、出会い系で出会うことにうしろめたさがある人は……おそらく出会いの本質に気づいている人です。

ふつう、出会いって、努力なしには起きない現象です。
たとえば、わかりやすい例を挙げるなら、あなたが理想としている彼氏の職業がお医者さんだった場合、あなたは少なくとも、たとえば薬剤師の資格を手にするべく努力する必要が出てきます。
お医者さんって、なぜか看護師さんとあまりつきあわないので、最低でも薬剤師さんの資格を手にするとか、自分も医師免許を取得するべく努力するとか……こういう必要に迫られます。

……というような具合に、自分が本当に出会いたいと思っている人に出会うのって、努力する以外方法がないわけです。
が、努力なんて言うと、多くの人がそっぽを向く時代なので、今の「人にやさしい」時代は、クリーンな出会い系で理想の彼氏を探せばいいですよ、なんて言うわけです(で、もちろんそれは、当たらずも遠からずなわけですが)。

***

努力って、つらいものかもしれませんが、冷静に考えていただきたいのですが、努力によって流れた汗と、それによって手にすることができる成果が、ほぼイコールであれば、別に汗を流したってかまわないわけですよね?

努力をする過程で、ふつうは人脈が生まれます。これまであなたが知らなかった人脈が生まれます。その人脈が、ごくふつうに、あなたに理想の彼氏をもたらします。
出会いの本質って、このへんにあります。
自分で自分を高める努力なしに、いい恋はできない時代なのかもしれないということです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事