2017.02.25

「彼氏が欲しいけど、連敗で自信喪失」な女子に、おネエ系映画ライターが回答!

女子の恋のお悩みは、いつの時代も多種多様、人の数だけ違うもの。
だから、「こうしろ!」と言われてその通りにすればハイ解決!と言うものでもないですよね。

そんなモヤモヤとした恋の悩みを抱えた女子に、数々のファッション誌やテレビ番組「スッキリ!」でもおなじみのおネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんが「映画」で解答しちゃいます。

◆本日のお悩み女子

彼氏が欲しくて合コンや紹介などいろいろやってきましたが、成果が出ません。何度かデートする仲にはなっても、付き合うところまで行かなかったり、そもそも全く相手にされなかったりです。

男ウケを意識したファッションや雰囲気も実践していますが、それでもうまくいかないので、自分ってほんとうに魅力がないんだなあと思ったり、たまにうまく行きかけても、それが本当の自分じゃないように思えたり、自信もなくなるし、疲れてきました。私はこれからどうすれば良いんでしょうか。(あゆか/24歳/事務職)

◆結論:男ウケ?なにそれ??まずは自分じゃね???

あぁぁぁ……。ついにきたよ。こういう典型的な勘違いをしてしまって、一人で疲れちゃう方。とりあえず順を追ってダメ出しするわね。

ひとーつ、「彼氏が欲しくて合コンや紹介に積極的」。
誰かと知り合いたいからパーティに参加すること自体は間違ってないんだけど、それ以上のことはしてないってことよね。
そりゃパーリーピーポーと同じだわよ。出会い目的じゃなくて、ただパーティが好きな人と同じ。


ふたーつ、「知り合うことはできても付き合うところまでいかない」。
えっと、合コンや紹介ってことは、来ている男子の方も「イイ子いないかな!」って気持ちがあるわけで(数あわせで呼ばれたサクラは除く)。狙いを定めたところと知り合って、ちょっとご飯に行ったり、なんてこと自体は超簡単なわけですよ。

もしかして、知り合うことイコールつきあえるって気持ちが残っていない?


みーっつ、これが最大の問題。「男ウケを意識したファッションや雰囲気に合わせる」。
えっと……、そもそもあゆかさんは男ウケを狙うファッションや雰囲気がお好きな方?
だとしたら、なんも言えねー、ってわけですが、それが自分の好みのスタイルじゃない場合……アホです。
やってること自体、道化。


では、まとめます。たとえば、あたしがあゆかさんが参加する合コンに参加したストレート男だったとしましょう。あゆかさんの身なり、そぶりをみてどう思うか。

ひとーつ、「あー、この子、合コン慣れしてるな~」(=とにかく手当たり次第、彼氏だか男が欲しいんだろう、と思う)。

ふたーつ、「話してみたけど、無理してるな~」(=自分らしさ消してるな or 慣れててガツガツしてるなー)。

みっつー、「かわいい格好してるけど、あってないな~」(=似合ってないわけじゃないけど、普段からこういう感じじゃないんだろうな)。

合コンでも紹介でもいいんだけど、男性側もあゆかさんと同じく「誰かと知り合いたい。あわよくばいい関係になりたい」と思って来ているから、お近づきになるのは非常に簡単なわけです。だけど、そこから先はあゆかさんの実力が必要なわけ。
実力といっても「必殺!男を落とす術」とかじゃなくて、素のあゆかさんが持っているモノが必要ってことよ。

「モノ」が意味するのは、人を惹きつける力であったり、エンターテインする力だったり、コミュ力だったり、って思うかもしれないけど違います(これらもあるに超したことはないけどね)。

実力、モノってのは、本来あゆかさんが持っている「強み」ね。
たとえば、これだけは他の人に負けない趣味とか特技。そういうのがなかったとしても、仕事(もしくはおけいこごと)には打ち込んでいて目標は◯◯、とか。とにかく満を持して語れるなにか、ってことね。

ま・さ・か、特技「合コン」、趣味「彼氏探し」じゃーありませんわよね?
もしその「ま・さ・か」だったとしたら、悪いことは言わない。出直そう!リセットよリセット!!
誰かとマジメに交際したいと願っているあゆかさんと同じ思いの男子は、そういう人求めてませんから!(遊ぶだけの都合のいいオンナになりますのでご注意を)

◆よ~く考えよう~、自信は大事だよ~

あゆかさんに足りないものは、おそらく自信。
玉砕続きとなれば、そりゃー自信も失いますわよね。でも、玉砕→意気消沈→でもまた参加→玉砕~(以下同)っていう負のスパイラルに入っているとしたら、一度立ち止まって考えねば。

なにをもって自分に自信を持つか。それはルックスでもなく、コミュ力でもなく、内面ってヤツですよ。
「これだけは誇れる」っていう自信を持つことが大事です。かけっこ速いとかお料理上手とか、はたまた職場の電話受けとか上司のあしらいとか、なんでもいいのよ。そういうのがなんもないと、いい男との再会チャンスに恵まれたとしても、ルックスと雰囲気だけを頼りにしていては、中身スッカラカンと思われるのも無理はないでしょ。

「一緒にいて楽しいと思ってもらう」、ではなく、「一緒にいて一緒に楽しむ」のがデートというものですもの。

見た目より中身が必要になるってことはおわかりのはずよ。
それともなんですかい?男子がしゃべってるのをひたすら聞き役に徹してたりして?それこそ男子が最も嫌う「待ち子」という姿勢です。相手から話題をふられないと自分からしゃべらない、とか、男子は男子で超疲れるのよ、マジで。

◆まずは、自分を見つめ直してみましょ?

ホリデイ
Film (C) 2006 columbia Pictures Industries, Inc. and GH One LLc. All Rights Reserved.
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントから1,429円+税にて発売中


では、どうするか。いい映画があります。
キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが共演した『ホリデイ』

ロンドンで新聞社勤めのアイリスと、LAで映画予告編製作会社の社長をしているアマンダは、同時期、しかもクリスマスなんて最低最悪のタイミングで男にフラれるのね。で、「もうやってらんねー!」とブチキレて休暇をとった彼女らは、偶然にもネットで知り合い、互いの家を交換するホーム・エクスチェンジ(今でいう民泊の個人取引版)をすることに。

するとどうよ。最悪の地元クリスマスから脱し、別の場所で暮らすように過ごしてみたら新たな出会いが!
しかも、それまでの交際では考えられなかったくらいに、自分らしさを出すことができるようになるのね(そりゃ旅の恥はなんとやらと言うくらいですから)。

まぁ、ハッピーな映画とはいえ、簡単に恋再来ってわけにはいかないんですが、あゆかさんがすべきは、アイリスとアマンダのようにリフレッシュして「自信を取り戻すこと」が最も先決。映画のようにまるっと長期休暇とれるとは思えないけど、まずは一人になれるところでゆっくり自分を見つめ直してみましょ。

それで、自分には何が足りなくて、何が足りているか(←ココ重要)を考えるの。
反省ばかりしてても腐るからね、自信持てるところを伸ばせばいいじゃない~。その後でも合コンなんて充分間に合うお年ごろよ。タラレバ娘になるにはまだ早い!


とりあえずこれまでいただいた質問にはお答えさせていただきました。恋愛ホルモンごっつぁんです!
もし、まだあたしがこのコーナー続けてよろしいわ、と思ってもらえたら編集部にお悩みメッセージちょーだいねー。
再開の可能性アリよ。(よしひろまさみち/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事