2017.03.03

いい男子との出会いに恵まれないときは自分が成長しているとき

これまでは、いい出会いに恵まれ、彼氏を切らせたことがなかったのに、急にいい感じの男子との出会いがなくなってきた……こんな恋愛スランプというか、出会いのスランプを、どう乗り切るべきなのかについて、今回は一緒に見ていきたいと思います。

■世界の「広さ」を感じると思います

自分の人生がなんとなくうまくいっているときって、恋愛もうまくいくものです。
うまくいっている人生ってたとえば、大学生になって超人気のカフェでバイトをしたくて、そこに応募したら、あらびっくり!即採用されて、そこにはイケメンがいっぱいいて、その中のひとりの男子とすぐに恋に落ちて……学校の成績もまあまあよくて……という感じ。
社会人になっても、大学生活の流れで、1~2年はどうにかうまくいき……で、24歳くらいから、急に出会いがなくなった……とか。

24歳にもなると、みんな自分のことで以前より忙しくなりますもんね。大学の友だちと旅行や飲み会の計画を立てても、かならずといっていいほど、誰かが急に参加できなくなったりするものです。

***

周囲の変化だけではなく、あなた自身にもきっと、24歳くらいを過ぎれば、変化が起こってくるでしょう。
先の例で言えば、大学生活の残り香が消える頃、きっと誰でも、自分がこれから生きていく世界の「広さ」を感じると思います。大学生と社会人って、そもそも経験できる世界の広さが違うから、これまで知らなかった世界がなんとなく見えてきて、同時に、これまで気づかなかった自分の能力に気づきはじめ……という感じで、広くなった世界を、ぼんやりとではあっても眺めるでしょう。

■スランプとは・・・

スランプって、わけのわからない怖いものではなくて、今の自分や、今の自分の環境に満足できず、もっと広い世界で生きたいと願っている心の状態のことです。
たとえば作家がスランプに陥るというのは……これまで書いてきた世界観や書き方に、自分で満足できなくなって、もっと別の違った世界観やテーマを追求したくなる、あるいはもっと別の書き方をしたくなる。こういうことだったりします。

恋愛だって、出会いだって、きっと同じことが言えるはずです。
あなたが今の自分では満足できなくなり、もっと別な出会いがほしいと願っているということです。

***

そしてそういうスランプの脱し方は、決まっています。スランプの苦しさを、適当にやり過ごすのではなく、正しく苦しむことです。
そりゃあ、苦しいと思います。でも、ここで適当にお茶を濁してしまえば、おそらくずっとスランプのままです。
運よく誰かによさげな男子を紹介してもらったとしても「なんかしっくりこない」と思ってしまって、恋愛にならないでしょう。

***

いい女性って、出会いのスランプ(恋愛のスランプ)をちゃんと受け止め乗り越えてきた人のことです。
あなたのまわりに、ステキな女性って何人もいるでしょ?だからあなたにも、正しく苦しみを受け止め、それを乗り越えることができます。みんな人知れず、そういう努力をしてオトナになってゆくのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事