2017.03.09

第23回 会えない時間が愛育てる?「多忙女子 VS 暇人女子」:勝つ女/負ける女


彼と愛を深めるためには、「時間」が必要ですよね…。
遠距離恋愛などが成就しにくいのは、愛を育む「時間」が必然的にとれないからでしょう。
しかしいくら彼との距離が近かろうと、自分の予定を詰め込みまくってしまう「多忙女子」は、彼から愛想をつかされてしまうことも?とはいえ、彼にベッタリな「暇人女子」が良いかといえば、そうとは言い切れないようです…。

***

プラスがあればマイナスがあり、黒があれば白があるように、ものごとには「両端」があるもの。人間だってそうですよね。そんな“両極端な性質を持った”女子たちに注目して、恋の議論をああでもないこうでもない…とバチバチ燃やしていくこの連載。
青山の裏手に位置するカウンターバー(という設定)の店長サトコとアルバイトのマチコが徹底討論いたします。
マチコ(以下マ): サトコさん!仕事が忙しくて、夜も飲み会や女子会、お稽古で予定が満載の女子と、予定はなるべく入れないで真っすぐ家に帰っている女子と、どっちの方が良い恋ができそうですかね?

サトコ(以下サ): 友達にするなら常に予定満載の子の方が楽しそうでいいけど、彼女にするならちょっとくらい暇な子がいいんじゃない? 彼氏の方も忙しいだろうし、前もってデートの約束をできないことって多いでしょ。でも、暇してる子なら「今夜空いてる?」って当日デートにも誘いやすい。

マ: 確かに暇なら機動力はありますね。でもそれって彼氏の方が本当に彼女のことを好きな場合だけじゃないですか?「いつでも呼び出せる女」=「都合のいい女」になりかねない感じがしちゃいます。前もってきちんとスケジュール調整しなきゃな多忙女子の方が、本命視してくれるイイ男が集まりそう。

サ: そういうものかしら。まあ、デートは回数ではなく、一回一回がどれくらい楽しくて、また会いたいってお互いに思えるかどうかよ。
サ: でも、そのスケジュール調整の仕方には気を付けないとね。下手にダブルブッキングとかしちゃったら、いくら恋人でも信用を失っちゃうもの。

マ: ですね。そしてそもそも、彼氏とデートするスキがないくらいに予定を詰め込んでいると、「俺と会いたくないのかな?優先順位低過ぎる…!」って、男のプライドを傷つけちゃいそうです。

サ: 態度だけでもウェルカム体制でいなきゃダメってことね。

マ: その点、暇な女子は「いつでも忙しいあなたに合わせます」っていう健気な感じがして可愛いなって思われそうですけど…。

サ: 確かに。でも、暇でも自立している子ならいいけど、彼氏にどっぷり依存して「会いたくて、会いたくて、震える!……」ってな状態になっちゃうと、彼氏にとってはただの重たい女よ。

マ: そうですね。多忙女子と反対に、「お前は俺と会う以外に用事はないのか…?」ってあきれられてしまうかも…。
サ: う~ん…。男子ってほんと、ワガママね!

マ: そういうものじゃないですか。「彼女を独占したいけど、俺の前では見せない部分をいろいろと持っていて欲しい!」とかいう矛盾を常に抱えているもんですよ。

サ: だから多忙女子も、単に飲み会や女子会の予定だけじゃなくて、仕事を一生懸命がんばって活躍していたり、お稽古とか勉強とか、自分の興味のあることに向かって努力する姿勢が大事よね。そうすると、彼氏に「尊敬」というワンランク上の感情を持ってもらえるのよ。

マ: そのうえ、男子って追いかけるのも好きですよね~。だから、彼のために常にじっとスタンバイしている子より、「やっとデートできた!」っていう達成感を与えるくらい逃げられる女子がモテそうかも。

サ: そうね。自分の予定と彼氏の予定、ほどよいバランスで安心感を与えられて、デートの時は思う存分にお互い楽しめる!そんな付き合いが出来るオトナ女子が最高ね。
仕事・勉強・お稽古・友達との付き合い……色々なことに目を向け、努力をしている女子は、男子から見ても魅力的なもの。彼氏にべったりな暇女子は、愛を深めるチャンスこそ多く得られそうですが、やや依存的で自立しない様子にいつかあきれられてしまいそう…。程よい頻度でとびきり楽しいデートをすれば、いつまでも刺激的で、追いかけたくなる彼女でいられるでしょう。(犯人A子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事