2017.03.14

急がば回れ!彼氏がいないからって焦って付き合うと起こる失敗

イベント前にふと周りを見渡すと、彼氏がいないのが自分だけ…。
「これは寂しすぎる!早く彼氏をゲットしなきゃ!」と焦っていたりしませんか?しかし、彼氏をゲットできても、焦いから相手をよく見ていなくて失敗した!というパターンであは困りますよね。そんな失敗をしないためにも、「急いで付き合うと起こる失敗」を知っておきましょう。

1.どうしても恋人として見れなかった

恋に焦っているときほど自分に自信がなくなるもの。好意を寄せてもらえたら、「誰でもいいや」と告白をOKしてしまうかもしれませんね。でもいざ付き合ってみると、友達としては良かった彼も恋人としては見れなくて、手をつなぐことすら無理だった…なんてことも。それでは、その先のステップに進んで長くお付き合いをするのは不可能ですよね。
それから別れたとして、彼との関係も悪化してしまいますし、あなたには後悔しか残らないはず…。

2.彼の思いが重すぎた

「付き合えば好きになれるかも!」と、とりあえずくらいの気持ちで付き合いはじめたとしても、心はついて行きません。彼の思いが強い場合、用意してくれる豪華なディナー、何でもない日にくれるプレゼント、積極的な愛情表現の数々に、あなたは「そこまでしなくてもいいのに…」とプレッシャーに押しつぶされる気分になってしまうでしょう。
お互いの想いがきちんと乗らないと、良い関係は築けません。焦らず、自分の気持ちを確認してから付き合いましょうね。

3.金銭感覚が合わなかった

「デート代は奢ってほしい!」「割り勘じゃないと落ちつかない」など、お金に対する意見はさまざまあることでしょう。また、デートの内容に合わせてそれぞれが想定している相場も違ってくるはず。相手のお金にまつわる価値観を見極めないままに付き合い始めると、デートでどちらかが不満足になってしまったり、プレゼントの予算がいまいちしっくりこなかったりと、どこかで違和感を覚えるようなお付き合いになってしまうでしょう。また、最悪の場合、「彼が実は極端な浪費家だった」なんて展開もありえますよ…。

4.会話が盛り上がらなかった

お互いのことをまだよく知らない状態では、彼の趣味趣向もわからないことが多いもの。付き合ってから共通の趣味が見つかればよいですが、彼の趣味が何となく合わない場合には、共通の話題が見つけづらいためデートも会話も盛り上がりません。
例えばDVDを見るにしても、お笑いが好きな男性と洋画が好きな女性とでは、DVD選びも一苦労するでしょう。こればかりはどちらかの趣味に合わせたとしてもストレスがたまるもの。きちんと相手を知って付き合うのが賢明ですよ。

焦ってもいいことはない

焦って恋をゲットして、その瞬間は幸せになれても、その後が続かなければ意味がありませんよね。早すぎる決断は自分だけでなく相手も傷つけてしまうこともあります。焦らずじっくりとよい恋を探しましょう。(sa_ko/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(泉三郎/カメラマン)
関連キーワード

関連記事