2019.11.24

後輩男子のハートを掴め!憧れの先輩になるために必要なコト

みなさんには憧れの先輩はいるでしょうか。学校や職場などで、男女問わず人気の高い先輩に一度は出会ったことがあるでしょう。普段はあまり思わなくても、たとえば気になる後輩が出来たときなどは、「私も憧れの先輩になりたい!」と強く願う人もいるはず。
今回は、憧れの先輩になるための外見や行動の磨き方についてご紹介していきます。

おしゃれに抜かりない

憧れの先輩になるためには、まずは外見を整える必要があります。外見といってもさまざまですが、大きくわけると、ファッションとヘアメイクでしょう。
まずファッションに関してですが、おしゃれというのは、奇抜なファッションをすることではありません。流行をおさえつつも、それだけに左右されず、自分らしさを取り入れることで、憧れの先輩に近づくことができます。
また、ヘアメイクの技術は、手に入れれば一生役に立つので、雑誌や動画サイトなどで、メイクの仕方やヘアセットの研究をし、自分にあったものをみつけましょう。

ブランド品をさりげなく持っている

先輩となると、働いている期間も長いでしょうから、後輩より金銭的に潤っていることが多いでしょう。しかし、お金をもっているからと言って、ブランドものばかりで身を固めていては少し感じが悪いです。かといってブランド品をまったく持っていないと、憧れの先輩になることは難しいでしょう。
憧れの先輩になるためには、ブランド品をさりげなく持つことが重要です。決して見せびらかすのではなく、たまにブランド品をのぞかせることで、後輩から羨望の眼差しを浴びるでしょう。さりげなく持つためには、キーケースや財布などの小物をブランド品にするというのがおすすめです。

笑顔が素敵

みなさんが憧れの先輩を想像するとき、その先輩はどのような表情をしているでしょうか。怒っている表情や真顔を思い浮かべるという人はおそらく少ないでしょう。反対に、笑顔の先輩を思い浮かべたという人は多いのではないでしょうか。
このように、笑顔でいるということは、人に好印象を与えることができます。憧れの先輩になるためには、常に笑顔を心がけておくことが一番の近道でしょう。
いつも後輩を怒ってばかりいるという人は、後輩に笑顔を見せるだけで、憧れの先輩に一歩近づけますよ。

トラブルがあっても冷静

憧れの先輩になるためには、学校や職場でトラブルに見舞われたときに、冷静に対処することが大切です。いくら普段の笑顔が素敵でファッションに抜かりがなかったとしても、いざと言う時にまったく頼りにならないのでは憧れの先輩になることはできません。

特にトラブルがあったときは、後輩は先輩の姿をよく見ています。トラブルがあったときこそ、冷静に対処することを心がけましょう。
もしも慌ててしまって対処を間違えるなんてことがあれば、後輩を幻滅させてしまうこともあります。

上司に媚びず、後輩に気さく

上司にへこへこして後輩には厳しい・・・なんて先輩は、当たり前ですが憧れの先輩になんてなりえません。むしろ、そんな先輩は嫌われる対象でしょう。
憧れの先輩になるためには、上司に媚びずに自分の意見を言うことが大切です。もちろん、上司と揉めろと言っているわけではありません。ただ、おかしいことはおかしいと言えると、後輩から憧れられるでしょう。
また、後輩に気さくに接することも大切です。お高く留まっていれば憧れてもらえるというわけではありませんから、勘違いしないように気をつけましょう。

おわりに

今回は、憧れの先輩になるための外見や行動についてご紹介してきました。憧れの先輩になるには、さまざまな努力が必要です。当たり前ですが、先輩であるというだけで憧れられるなんてはずはありませんし、「仕事ができる」「おしゃれで素敵」という存在になることはできません。
また、憧れの先輩になるためには、外見だけでなく行動を磨く必要もあります。先輩の日々の過ごし方や行動というのは、後輩は意外と見ているものです。
後輩の目を意識しながらも、人間としてしっかりと成長していくことで憧れの先輩になることができるでしょう。

関連記事