2017.03.30

第26回 女子諸君、オトコに何を求める?「強さ VS 優しさ」:勝つ女/負ける女(最終回)

壁ドン、顎クイ、あすなろ抱き…。男子の強引な強さって女子からするとかなり魅力的に映るもの。でも草食系男子も増えていることですし、「優しいカレがいいの!」なんて女子もいますよね。そんなオトコの「強さ」と「優しさ」、両方あるのと良いに越したことはないですが、より大切にしたほうが良いのはどちらなのでしょうか…?

***

プラスがあればマイナスがあり、黒があれば白があるように、ものごとには「両端」があるもの。人間だってそうですよね。そんな“両極端な性質を持った”女子たちに注目して、恋の議論をああでもないこうでもない…とバチバチ燃やしてきたこの連載。
青山の裏手に位置するカウンターバー(という設定)の店長サトコとアルバイトのマチコが徹底討論いたします。

◇女はグイグイ愛されてナンボ

マチコ(以下マ): サトコさん!男の真価って、強さにあると思います?それとも優しさ?どっちを重視するほうが、将来の幸せにつながるんですかね?

サトコ(以下サ): 難しいこと聞くわね。草食化だの何だのって言われている今こそ、やっぱり強い男に寄り添ってる女子の方が幸せなんじゃないかなあ……。でも、そもそも強い男って、たとえばどんなかしら?

マ: まずは、生物としての「オス感」を持っていることですかね。肉体的にマッチョじゃなくても、いざって言う時に「ケンカ強そう!」っていう本能的な感じ。あと、「この人と一緒にいれば何かあっても大丈夫!」っていう安心感があるっていうか。

サ: なるほど、それは生物として基本的に備えていて欲しい魅力よね。そういう肉食男子にグイグイとアプローチされて、熱意に押されて恋人になる、みたいな展開は永遠に女子の憧れじゃない。実際には、自分の気持ちをちゃんと表せない草食男子ばっかりだから…。

マ: そうなんですよね~…。

◇頑張る男は前しか見ていない

マ: 現代では「獲ったど~!」って、夕飯のおかずの獣をぶら下げて帰って来るとかもないんで、社会でどれだけ成功するか、が強さの指標になりますよね。

サ: サラリーマンでいえば、いわゆる「出世」ね。女子のマウンティングは、なんだかんだ言って「美人かブスか」、それによって「いい男をゲットしているかどうか」に集約されるけど、男子のマウンティングは、「社会的にどの位置にいるか」が一番重要と言われているし。

マ: 確かに、グイグイ出世していく出世魚みたいな生命力の強い男子と一緒にいたら、気分がいいでしょうね。実際、収入も上がるので、結婚すればいい家に住んで、美味しいものが食べられて……。

サ: でも、そういう男子は、仕事第一だから、時には彼女や妻をないがしろにする可能性もあるわよ。デートや家族行事を仕事の為にドタキャンされても、彼氏や旦那のステップアップのためだと割り切れるようならいいけど。

マ: なかなかそうはいかないですよね。女子も、自分自身が強くいられる時はいいと思うんです。でも、たとえば職場の人間関係が上手くいかずに悩んでる時とか、風邪を引いてダウンしてるなんて時に、「俺は忙しいんだ」的な態度で、ちっとも優しくなかったら、幻滅しちゃいますよ…。

◇不動であることこそ最強の強さ

サ: やっぱり彼氏や旦那には、弱った時には話を聞いて欲しいもんね。風邪で寝込んでいる時、黙ってキッチンでおかゆを作ってくれて、「いいから、安心して寝なさい」なんて頭を撫でてくれたら、「ああ、この人ってまるでのび太だけど、間違いなかった!」って思えそう。

マ: 確かに。それに、グイグイ出世系の出木杉だって人間だもの、いつつまずくとも限らないです。野心満々で上司にもお世辞を使って頑張ったのに、気付いたら出世競争に負けてしまった…とか。もし男の強さたる「出世」に惹かれてたなら、魅力も急に色あせて見えちゃいますね。

サ: そこいくと、見た目やステータスじゃなくて、その男子の優しさに惚れている場合は、何があっても大丈夫。社会的には出世しなくても、弱さやダメさを見せられても、「でも、この人には、人間として、男としての優しさがある」って思えたら、一生好きでいられるもの。

マ: 「自分の女にはいかなる時でも優しい」……これって、世間の評価とは関係なく、実は最高に強い男なのかもしれないですね。そして、そんな男子をゲットした女子こそ、一番の幸せをつかんでいる、と言えるかもしれません。

サ: 間違いないわ。結局、のび太を選んだしずかちゃんは、最強女子!

◇今回のまとめ

社会の競争に勝ち、認められていく出世魚のような男子には、本能的にメスとして惹かれやすいもの。ドキドキする恋愛という意味では「強さを求める」のが正解です。しかしその「強さ」はちょっと不安定で、いつ崩れるのか、いつまで続くのかも不明確。
長い人生、健やかなる時も病める時もあります。どんな時にも自分を見捨てず、根本的で不動な優しさを持った男が真の「強い男」だといえるでしょう。それに早い段階から気づける「優しさ求め女子」が、運命の男に巡り合えるのです。(犯人A子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事