2017.04.01

そんなに可愛くないのに何で…?「ちょいブス」でもモテる女子の特徴とは

顔はそこまでじゃないのに、彼氏からとても大切にされている人っていますよね。
「あの子のどこがいいんだろう…」と、つい嫉妬したくなってしまうこともあるでしょう。
そこで今回は「『ちょいブス』なのにモテる女子の特徴」について20代男性にリサーチしてみました。

1.清潔感がある

「その子を最初に見たときは、正直あまりかわいくないなと思ってしまった。でもいつも身綺麗にしている彼女を見たら、いつの間にか惹かれていきましたね」(22歳/大学生)

モテを狙いすぎて似合わないガーリーコーデは、逆に男性から「イタい」と思われてしまいます。それだったら清潔感を身につけたほうが、万人受けすること間違いなし。それにたとえルックスが微妙でも、清潔感があるだけでなぜかかわいく見えてきたりするもの。ニットには毛玉がつかないよう気をつけたり、こまめに髪の毛をケアするだけでモテオーラを出すことができますよ。

2.人を僻まない

「俺の彼女の良いところは、他人を僻んだりしないところ!友達のおめでたい話は本気で祝福するし、デート中にグチっているところもほとんど見たことがない。特別美人ってわけじゃないけれど、彼女といると俺は幸せです」(24歳/IT)

常に人の悪口ばかり言っている美人女性と、毎日心から楽しそうにしているちょいブサ女性だったら、どちらがモテるかは明白ですよね。周りと比べて卑屈になることがクセになっている人は、もっと内面から楽しめるものを見つけてみましょう。あなたの性格に惚れた男性が、いつの間にか寄ってきてくれるかもしれませんよ。

3.欠点を隠さない

「『私、毎朝アイプチとカラコンで目作ってきてるの!』とスッピン写メを見せてきた子がいた。たしかに全然顔は違ったんだけれど(笑)、そのあっけらかんとしたところが良いなって思った!」(23歳/営業)

コンプレックスを無理やり隠している姿を見ると、男性も「この子プライド高そうだな…」と思ってしまうみたい。「私メイクで顔変えているんだ~!」など軽い自虐を織り交ぜてもらえたほうが、男性的にはツッコみやすいし、素の会話ができてラクみたいですよ。「俺のダメなところも受け入れてもらえる気がする…」と安心感も与えることができます。

4.たまに女の子らしさを見せる

「いつもはどちらかというと周りの引き立て役っぽかった女子が、恋に悩んでいたりするとキュンとする。『俺だけがこの子の良さをわかってあげられるかも』って思うんだよね」(26歳/製造)

どうしても美人と比べてしまうと、チヤホヤされる機会が少ないのがちょいブサ女子。だからこそここぞという場面で、自分から女の子らしさを覗かせてみましょう。普段は何とも思っていなかった女性のかわいい一面を見たら、彼も「この子意外と良いかも」と感じてくれるかもしれませんよ。

おわりに

見た目だけを取り繕っていても、いつの日かボロが出るもの。まずは人として好かれることを目標に、自分の内面を変えていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事