2017.04.01

清潔感は身だしなみだけにあらず!男子がドン引く女子の「汚点」

恋愛において第一印象は大事。とくに清潔感が感じられないと、恋愛対象にもなりにくいです。
「清潔感」と聞くと、見た目などの身だしなみを想像する女子もいるでしょうが、それだけではなく言動のきれいさも含まれるのです。
今回は、男子が「この子ちょっと汚いのかも…」とドン引く女子の特徴をご紹介します。

1.素肌が汚い

「クラブですごく可愛い子と仲良くなったけど、近くで顔を見たら肌が荒れてて、勝手に『食生活悪いのかな?』とか『美容に全く興味ないのかな?』とか考えてしまった」(29歳/IT)

「合コンでノースリーブきてた女子のワキがチラリと見えたが、くすんでて引いた」(28歳/コンサル)

いくら化粧に気を遣っていても、素肌がくすんでいると男子的には「ちょっと…」と思ってしまうこともあるようです。きれいな素肌の方が健康的でいいで好印象を与えられるもの。素肌の手入れが行き届いていないと、生活習慣がだらしないイメージを与えてしまう恐れもあるので、日々のケアは大事です。

2.他人のお金をあてにする

「ネットで出会った子と飲んだ帰りに『タクシー代欲しい』とタクシー代請求されたことがある」(27歳/証券)

「デートのたびに『おごって』だの、『アレ買って』だのうるさい。自分で買え!」(29歳/会社員)

他人のお金に執着する女子はアウトでしょう。男子が甘やかしてくれるからといって、ついついおねだりしてしまう女子は要注意です。笑って流してくれる彼でも、内心では冷ややかな目であなたを見ている可能性も。意地汚さが透けて見えますから、お金をせびるのはやめましょう。

3.言葉遣いが汚い

「いい年して言葉遣いが汚い女性とは付き合えない」(31歳/不動産)

「頭の悪そうなしゃべり方されると一気に恋する気持ちが下がる。美人でも口が悪い子は無理だね」(28歳/営業)

言葉遣いが汚い子は男子ウケしにくいです。敬語を完璧に使いこなす必要はないですが、ボキャ貧だったり汚い言葉ばかり使っていたりすると、人間的な小ささを感じさせてしまいます。時と場合に応じた美しい日本語を使うほうが、丁寧な印象を与えますよ。

4.整理整頓ができない

「バッグの中とか、財布の中もそうだけど、全体的に清潔感のない女性って恋愛対象外かも」(29歳/IT)

整理整頓は生活をするうえで最低限必要な力です。ものがバラバラに入っているバッグ…いらないレシートがパンパンに詰まった財布…こんな状態では清潔感など与えるはずがありません。だらしなさを感じさせて、「さぞ部屋も汚いんだろうな」なんて思われてしまいますよ…!

5.過去の経歴が汚れている

「友達があきらかカタギじゃない人ばかりだといろいろ不安…」(28歳/公務員)

「清楚系でお嬢様な感じの女性の過去がまさかの超絶ヤンキー」(29歳/飲食)

こればかりはどうしようもないかもしれませんが、過去の経歴が汚れていると当然良い印象は与えません。いつ当時の本性が出るとも限りませんし、普通の男子からすればそんな女子は付き合いづらいでしょう。
相手をよく知らなくても、その人の周りの友達を見ればだいたいその人がどんな人かはわかるもの。あらぬ誤解を招かないよう、友達関係にも注意したいですね。

おわりに

男子が「この子ちょっと汚いのかも…」と思うポイントはこのようなことです。一度汚いと思われたらイメージを覆すのは大変…。日頃からそんなイメージがつかないように気をつけておいたほうがいいかもしれませんね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事