2019.11.19

女性が「彼からデート代を出してもらえるようになったきっかけ」って?

お金だけがすべてではありませんが、彼からおごってもらえると「女の子扱いされてるなあ」と、うれしく感じますよね。「私って大切にされているんだな…」と思えますよね。
そこで今回は「彼からデート代を出してもらえるようになったきっかけ」について、20代女性にリサーチしてみました。

1.彼がバイトor就職したから

「彼がバイトをはじめたら、ご飯だけはおごってもらえるようになった」(21歳/大学生)

「彼のほうが年下なので、いつも私がお金を出していました。でも彼が就職してからは『俺が出すからいいよ』とおごってくれるようになりましたね」(27歳/営業)

どんなにおごりたい意思があっても、当然ながらお金がなければどうすることもできません。でも一定の収入を得るようになると、自然と彼のほうからおごってもらえることもあるようです。「あそこのカップルはいつも支払いが彼氏持ちでズルい…」なんて思わずに、彼の収入が安定するまでもう少し様子を見てみましょう。

2.彼を喜ばせるようにしたら

「いつもは自分の好きな服装しかしていなかったんだけれど、その日は思い切って彼好みのカワイイ系コーデにしてみた。そしたら『今日めっちゃカワイイ!ありがとう!ここは俺が払うから!』って言われました(笑)」(22歳/大学生)

たとえ付き合っていたとしても、ワガママな彼女におごりたいと思う男性は少ないもの。彼女のほうから彼を喜ばせる努力をすることで、彼の金銭感覚も変わってくる場合が。何かしてもらいたいのであれば、まずは自分から彼に尽くすくらいの気持ちでいたほうが良いのかも。

3.たまにしか会わなくなったから

「彼と毎日会っていたときは、どんなに小さな金額でも割り勘だった。でもお互いに忙しくなって会う機会が減ったら、彼におごってもらえるようになりました」(23歳/アパレル)

男性もさすがに毎回おごるのはしんどいもの。だけどたまにしか会えないのなら、多少高くても支払いたいと思うことがあるみたい。毎日のように彼と会っている人は、会う頻度を減らしてみても良いかもしれませんね。彼からおごってもらえるだけでなく、お互いに新鮮な気持ちでデートできると思いますよ。

4.彼の1番になれたから

「前までは彼に本命がいたため、私がおごってあげる立場だった。でも彼が本命に振られたらしく『いままで辛い思いをさせてごめんね…』と私がおごってもらえる立場になりました」(24歳/一般事務)

いままでは彼の浮気相手だったけれど、本命に繰り上がれたために奢ってもらえるようになったという女性も…。たしかにほかに女性がいるとなると、そのぶんお金もかかるため、おごってもらえないのは仕方がないことですもんね…。もし彼がまた奢ってくれなくなったら、それはほかに女性ができたサインなのかもしれません。

おわりに

もちろん「お金を出してくれるから彼と付き合う」というのは間違った考え方。
でもたまには彼におごってもらいたいのであれば、女性側からもちょっとしたアクションが大切なのかもしれません。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事