2019.11.19

自立した「いい女」であれ。いい男とばかり付き合える女子の特徴

ギャンブルや浮気症、暴力などなど、ろくでもない男性につかまってしまう女性がいる一方で、付き合う相手はいつもいい人ばかり。長く愛情を育み、幸せなラブライフを過ごしている女性もいますよね。男性によって不幸なめにあう女性と、いい男と付き合って幸せな思いをしている女性にはどんな違いがあるのでしょうか?ここでは、「いい男」とばかり付き合える女子の特徴をご紹介します。
「不倫をしてる友達は”愛してるよ”とか”君だけだよ”っていう言葉にすごく弱い。私は口下手でも、週末には私を優先してくれたり車道を歩いてくれたりする人に愛を感じるから、そういう人と付き合う」(20代/学生)

言葉で愛を伝えるのは簡単ですが、行動で伝えるには、そこに実際に愛情がないと難しいもの。いい男性とばかりお付き合いをする女性は、口先だけの「愛してる」や「君だけだよ」よりも、彼の行動を見て自分が愛されているのかどうかを判断します。荷物を持ってくれたり、休みの日を合わせてくれたりといった行動も、言葉にしなくとも愛なのです。
「理解のある彼女のふりをして、女友達と2人で飲みに行くのを許したり、元カノと会ったりするのを許したりしているとどんどん都合のいい女になるなぁって思う。いい関係で付き合いたいなら、嫌なものは嫌、ダメなものはダメって伝えるのが大事」(20代/IT)

「彼に嫌われたくないから」「彼を邪魔しちゃいけないから」と、言いたいことを我慢し続けている女性は、次第に彼にとっての都合のいい女性になっていきます。恋人同士であるなら、言いたいことは我慢せずに伝えることが大事。一方的に押し付けたり我慢したりする関係でなく、お互いを尊重し、話し合える女性が、いいお付き合いをしていくのです。
「彼氏に幸せにしてもらいたいって考えていた頃は、ルックスや収入にばかり目が向いてた。今は、彼と一緒に幸せになりたいって思うから、仕事もプライベートも充実してる」(20代/IT)

「この人なら私を幸せにしてくれる」という思いで飛びつくと、幸せでない状況がやってきたときに、一気に恋が冷めてしまいます。そして、そんなあなたを彼も負担に感じるはず。「幸せにしてもらえる」ではなく、「一緒に幸せになりたい」と思える相手と付き合うことが重要です。幸せは一方的に与えられるものではなく、お互いに築いていくものです。
「彼氏だったらこれをやってくれるはず、とか、彼氏だからこれくらいやってほしい、とか、彼氏に必要以上に求めてしまうと相手が疲れちゃう。お互いに補い合えればいっか、くらいがちょうどいい」(20代/学生)

「男友達」から「彼氏」になると、途端に要求が多くなり、彼氏だったらこれもやってくれるはず!と勘違いする女性は多いです。真夜中に電話をしたり、高価な誕生日プレゼントをほしがったりするのは間違い。恋人同士であるまえに、基本的な人間関係として相手と対等に付き合えているか、考え直してみましょう。
「いい男」と付き合う女性は、女性としても「いい女」であろうと努力をしています。自分のコンプレックスや満たされない感情を男性に埋めてもらおうとするのではなく、自分で解決しようとする姿が「いい男性とのお付き合い」に繋がっていくのかもしれませんね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事