2017.04.18

ひとやすみ、ひとやすみ。「恋愛に疲れちゃう」女性の行動パターン

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

よく、女性は恋をするとキレイになれる、可愛くなれるといいますよね?

ですが、その反面、状況や行動によっては、いろいろと考えすぎて、疲れてしまうこともあるようです。今回は、「恋愛に疲れてしまう行動パターン」について、代表的な物を4つお伝えしていきます。

1.好かれよう、良く見せようと無理をしている

相手の好みや趣味嗜好を会話やSNSから情報収集し、その理想に向けて、自分を演出するのは、よくあることです。

ですが、自分を良く見せようとするがあまり、自分のキャラからかけ離れ過ぎてしまうと、段々と疲れてくると思います。

例えば、そんなにノリが良いタイプではないのに、ノリ良く見せてしまうとか、無理に明るくしてしまうなど……。

相手とお付き合いが始まると、その無理は続けられるものではないと思います。

恋において、ちょっとくらいの演出は大事ですが、あまり自分のキャラからかけ離れるような演出や背伸びは避けるようにしましょう。

2.相手からのLINE返信を深読みしてしまう


彼と距離を縮めたくて、LINEの遣り取りをする中で、相手からの返信を深読みしすぎてしまうと、疲れてきます。

いつもはすぐに返信は来るのに、今日はこなかった。
既読になっているのに、返信がない。

ラインの文章が、いつもよりそっけない気がする、なんか変なことを言ってしまっただろうか……など。

考えれば考えるほど、分からなくなりますし、答えは見つかりません。
そもそも、LINEの反応がいつもと変わったと感じていても、たまたまであることはよくあります。

気にしすぎて、彼とのやりとりそのものを楽しめなくなってしまうと、会話も盛り上がりません。それによって本当に返信がそっけなくなってしまうこともあるかもしれません。気にしすぎないことが大事です。

3.相手の男性が鈍感すぎる

彼にそれとなく好意を伝えても反応がない。鈍感すぎて、察してもらえないなど。
自分からアクションを起こしているのに、反応がないとやきもきしてしまい、疲れてしまうこともあるかもしれません。

元々、男性はストレートに言われないとわからないところがあり、察することが苦手です。
特に恋愛経験が少なかったりする男性は、余計に鈍感でしょう。

たとえばデートに誘いたいときも、○○に行きたいなぁ、といっても「じゃあ行こうか」といってくれるとは限りません。伝わらないのなら、「○○に行こう!」とはっきり言ってしまうしかないのです。

男性によっては、遠回しや回りくどい言い方を避け、ある程度ストレートに伝えた方が良いのです。

4.相手の態度がころころ変わる

相手の態度がころころ変わるとき、それに振り回されて疲れてしまうでしょう。

あるときは、愛想が良いのに、あるときはそっけない。
自分が何かしてしまったのかと考えるけど、心当たりがない……。

こんな時は、単に気まぐれな男性である可能性があります。あまり気にしてもしょうがありません。逆に気にしすぎて、彼と一緒にいる時間がぎこちなくなるほうが、問題です。どうしても気になるのなら、聞いてみたっていいでしょう。

おわりに

もし、あなたが恋をしているのに、何だか疲れてしまっている……。そうだとしたら、恋愛の仕方に問題があるのかも。この4つをチェックししてみて、力の入れ方や意識の仕方などを見つめなおしてみるといいかもしれません。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事