2019.11.13

「彼にわがままを言えない」のはあなたに原因があるわけではない

彼の前でつい、いい子になってしまって、わがままを言えない。そんな自分がイヤで、そういう性格をなおしたいと思っている女子もいるでしょう。
が、べつになおさなくったって、時期が来れば自然となおるので大丈夫です。

■自分を責めないでいい

彼氏の前ですら「いい子」を演じてしまう女子って、わりと自分で自分の性格を責める傾向があるように見受けられます。そして、自分の過去を責めているような。たとえば厳しい親に育てられたから、恋愛においても言いたいことを言えない性格になってしまったんだ、とか、そんなふうに、自分の過去をずっと責めている。
もちろん、おおらかな親のもとで育てば、彼氏の顔色をうかがうような人格にならないこともあるので、厳しい親が彼にわがままを言えない性格にさせた、と考えるもの、あながち間違いではないと思います。一応、理屈は通っているので。
が、誰だって親を選んで生まれてきたわけではないし、親は親で、わが子の幸せを願いつつ、厳しく子育てをしたわけですから、いまさら親を恨んだところで、なんの意味もなかったりします。

***

わがままを言える相手かどうか。これは、じつは相手とあなたとの関係によって、ほぼ自動的に決まってきます。
わがままを言える相手と、巡り会えていないだけであって、いずれ(運が良ければ)そういう相手と出会えます。それだけのことです。だからことさら、彼氏にわがままを言えない自分の性格を責めないことです。

■運もあれば努力も必要

若いときって、自分をつくっている途中なので、どうしても自分探しをしたり、自分に自信が持てないことに悩むと思います。ときどき、そんなことをまったく悩んでいない若い女子に出会いますが、そういう人は親の育て方がよかったのか、心が超鈍いのか、といったところでしょう。
多くの心やさしい若い女子は、なにがしかの自分の性格について、悩んでいるでしょう。
でも悩まなくてもいい。「そういう相手」と出会えたら、あなたが悩んでいる性格くらい、自動的に消えてなくなります。
わがままを言える相手と、ある日偶然出会うとか、自分に自信を持たせてくれる相手と出会うとか、そういうことがあるから、恋愛は楽しいのです。つまりある日突然、自分が変われるから、恋は楽しいのです。そして楽しい恋愛は、あなたの人生を豊かなものにしてくれます。

***

そういう相手と出会えるかどうか、というのは運もあれば努力も必要です。
努力と書くと、すごくしんどそうな雰囲気が出てきますが、要するに「そういう人と出会いたい」と願うことが、まず最初の努力です。
そして、2番目のこの努力がもっとも大きいと思うのですが、ダメな彼氏と別れることです。あなたにわがままを言わせないようにしている威圧感たっぷりの彼氏と別れることです。あなたが別れたくないというのなら話は別ですが、わがままのひとつも言えない(言わせてくれない)デリカシーとやさしさに欠ける彼と一緒にいても、心が窮屈なのであれば、そういうダメな彼氏と別れることです。
あなたはなぜ、ダメな彼氏と一緒にいるのですか?(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事