2019.11.12

こんな彼とは長続きしない?マンネリを作りがちな男性の特徴

長く付き合うと、どうしてもマンネリ化しがち。一度マンネリを感じてしまうと、また最初の頃のようなトキメキを復活させるのは難しくなってしまいます。

マンネリにならないためには、新しいことを提案したり、デートに工夫したりと、お互いの意識が重要です。でも、「こういう彼氏だとどうしてもマンネリしやすい」っていうパターンもあるみたい。
今回は「マンネリ化の原因をつくりやすい男性の特徴」について、20代女性にリサーチしてみました。

1.同じ場所にばかり行きたがる

「彼は毎回本屋とファミレスにしか行きたがらない…。なので私はかなりマンネリを感じています」(21歳/大学生)

デートはいつも家や近所のカフェなどで、遠出を極端に嫌がる男性っていますよね。やはり毎回同じデートばかりをしていると、マンネリの原因になりやすいです。特に水族館や動物園などデートの王道スポットに行きたがらない男性って、そもそも彼女を喜ばせたい気持ちがあまりないのかも…。初デートの段階から、彼がどんなデートスポットに選ぶのかチェックしておきましょう。そうすることで今後ふたりがマンネリ化するのかがわかるかも!?

2.毎日のように会いたがる

「彼が毎日会いたがるので、嬉しくてその誘いに乗っていた。でも付き合ってまだ1ヵ月なのに、最近ではなんとなくマンネリな雰囲気に…」(23歳/アパレル)

付き合いたてから毎日のように会いたがる男性も要注意。熱しやすく冷めやすい可能性が高いので、「まだ付き合ってから3ヵ月も経ってないのに振られちゃった…」なんてこともしばしば。そもそも、常に一緒にいれば、ある程度工夫をしていても、すぐにやることも行く場所もなくなってしまうでしょう。その結果、早い段階からマンネリを感じてしまうようです。

3.連絡はマメだけれど会いたがらない

「かなりマメに連絡をくれる彼。でもマメすぎて、会っても話すことがないんですよね…。
デートは滅多にしないのに、やたらと連絡はマメな彼には要注意。LINEなどでお互いの近況がわかってしまうために、おのずと「デートした気分」になってしまうのです。そうするとふたりでいる時間は少ない割に、慣れ合いを感じてしまう「隠れマンネリ」を起こしやすくなります。デートも連絡も、頻度をうまく調整することが大切です。

4.基本的に無口

「彼は普段からあまり喋りたがらないタイプ。そんな出しゃばらないところに惹かれたんだけど、いざ付き合いはじめると私ばかりが話さなきゃいけないからストレスに…。とうとうネタも尽きてきました」(22歳/大学生)

「彼には自分の話を聞いてほしい!」と思っている女性もいるかと思いますが、デート中ずっと喋り続けるのも大変ですよね。いつも自分から話題を提供することに疲れてしまい、早い段階からマンネリを感じてしまうことも…。それに、ただ黙って話を聞いている彼にたいして、「つまらないのかな?」「もしかして不機嫌になってる?」と不安すら覚えるようになってしまいます。お互いに「次のデートではこんな話をしよう!」と準備をしているカップルのほうがいつまでもラブラブでいられるでしょう。

おわりに

カップルがマンネリを感じずに長続きするには、お互いの助け合いが必要不可欠です。
そのためいくら自分が気をつけていても彼にマンネリ化要素があれば、関係は悪くなっていく一方でしょう。ぜひ自分の彼がこれらに当てはまらないか、チェックしてみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事