2019.11.08

さらっとスマートに!デート中トイレに行くときの断り文句・4選

気になる男性や大好きな彼とのデート中、トイレに行きたくなることってありますよね。生理現象なので仕方のないことですが、彼の前でストレートに「トイレに行く」とはなかなか言いづらいもの。付き合う前や、付き合いたてのデリケートな時期ともなればなおさら言い出せないですよね。今回は、そんなピンチに役立つ、デート中トイレに行くときの断り文句を4つご紹介します。

「目にゴミが入ったみたい」

目にゴミが入ったフリをして、彼に「目にゴミが入ったみたいで、目が痛いの。トイレで見てきてもいい?」と伝えましょう。スムーズにトイレに行くことができますよ。コンタクトレンズを付けている人なら、「コンタクトがずれちゃって・・・」というのも有効です。彼に訴えかけるときは、上目遣いが出来るとなおグッド!彼に下品さを感じさせずにトイレへ行ったら、アイメイクなどの調子も見直しておくと良いでしょう。

「仕事の電話がきちゃった」

トイレへ行きたくなったら、スマホを取り出して少し慌てながら「仕事の電話がかかってきちゃったから、出てきてもいい?」と伝えましょう。少し慌てる様子を演出することで、彼は「早く電話しておいで」と言ってくれるはず。トイレから戻ったら「ただの確認の電話だった!」と、問題がなかったことを伝えてくださいね。「デート中なのに、ごめんね」とふたりの時間を中断してしまったことを謝ると、なお好感度アップ!その後は何事もなかったかのように笑顔でデートを満喫しましょう。

「歯磨きをしてきてもいい?」

ランチやディナーの後なら、歯磨きを理由にしてトイレへ行きましょう。食事の後に歯磨きをする習慣がある人は多いため、トイレに行く理由としては最適。こまめに歯磨きをする女性は清潔感があり、男性からも好印象です。食事デートの後スムーズにトイレへ行けるよう、実際に歯ブラシセットを携帯しておくといいですね。

「飲み物買ってくるね!」

これからの季節に使いやすいことわり文句は、「喉が渇いたから、飲み物を買ってくるね。何がいい?」という気が利くセリフ。彼の飲み物の好みをリサーチしつつ、自然にトイレへ行くことができて一石二鳥!デートを彼にまかせっきりにしない姿は、彼からの好印象をゲットできるかも。ただし注意したいのが、すぐ近くに自販機やコンビニなどがあると「一緒に行くよ」と提案されてしまいますので、使う場面は考えること。もちろん、トイレの帰りに飲み物を買って戻ることも忘れずに!

トイレひとつも言い換え美人!

デートをスムーズに一時退席するときには、かわいらしく慌ててみたり、上目遣いで伝えてみたりする一工夫で、さらに印象がアップします。彼とのデート中トイレに行きたくなっったら、ご紹介した方法を試してみてくださいね。(sayacocco/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事