2019.11.03

復縁への近道!元カレの誕生日に送るべきモテLINEとは?

別れてもまだ好きな元カレ…。連絡を取っているにせよ、取っていないにせよ、元カレの誕生日はLINEを送る絶好のチャンス。そこで今回は、復縁への近道にもなる『誕生日LINEの作り方』をご紹介したいと思います!元カレの誕生日が近いという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

用件が伝わる短文メールが◎

元カレに誕生日のLINEを送るときに一番気を付けてほしいのが、「短文で簡潔にまとめる」ということ。元カレに未練があると、伝えたい気持ちが溢れすぎてLINEも長くなりがちです。

しかし、元カレから見ると、あなたはすでに関係が終わっている女性。気持ちがない相手から長文LINEをもらうと、男性は読むのが面倒くさいと感じてしまったり、「○○ちゃんは重い」と思ってしまったりしかねません。

彼の興味を引くためにも、誕生日LINEは用件をまとめ、読みやすい文で送ることを心がけましょう。

返事を強制しない

元カレに誕生日LINEを送るときに、ついやりがちなのが返事を求めてしまうこと。誕生日というイベントをきっかけに、また彼と連絡を取りたいと思っている女性は多いと思いますが、強制されるとただの重荷になってしまいます。

「返事をください」的な内容を送ると、「祝ってもらえて嬉しい気持ち」よりも、「返事を催促されている気持ち」というネガティブな感情を強く持ってしまいます。LINEを送る際には注意しておきましょう。

気配り上手な元カノは、男性から見ても素敵に見えるもの。返事を強制する強引さではなく、彼の誕生日を心から祝いたいという気持ちを大切にしましょう。

復縁を匂わせない

誕生日というイベントを使って、彼と復縁したいと思っていても、それを匂わせるような誕生日LINEはNG。積極的に復縁を求めてしまうと、あなたのアピールに引いてしまう可能性も否めません。

年に一度の誕生日なのですから、その話はまたにして、純粋な気持ちでLINEを送るよう心がけましょう。復縁への近道をGETしたいのであれば、ときには一歩引いてみることも大切ですよ。

ポジティブに明るくまとめよう

せっかくの誕生日にネガティブな内容のLINEが元カノからきたとなれば、気分も沈んでしまいます。

「付き合っていたときは楽しかったね」という内容や、「どうして、こうなってしまったんだろう…」と後悔するような内容にしてしまうと、彼もドン引きしかねません。

あなたが持っている良さを彼に思い出してもらうためには、自分の辛さよりもまず、彼の幸せを精一杯祝ってあげることが◎。

ポジティブな言葉をたくさん並べて、誕生日LINEを送れば「○○ちゃんは、そういえばこんないいところがあったよな」と、あなたの長所を思い出してもらえるはずですよ。

おわりに

誕生日は年に1回しかない大切なイベント!だからこそ、心からお祝いしたいという純粋な気持ちが大切です。自分の気持ちばかりを優先してしまうようでは、復縁からどんどん遠ざかってしまいます。

彼がどう感じるか、自分がそのLINEをもらったらどう思うかをしっかり考えて、彼が生まれたことを喜ぶ気持ちで送ることを心がけてみてくださいね。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事