2017.06.23

もう俺に興味ないのかな…彼氏を「不安にさせてしまう」彼女の行動

一緒にいても不安に感じることが多くなると、浮気を疑ったりもしてしまいがちです。

男性も彼女のちょっとした行動によって、不安を感じることがあったりするので、注意が必要でしょう。

そこで今回は、彼氏を「不安にさせてしまう」彼女の行動を紹介します。

1.「スキンシップ」を本気で拒む

「デート中に、ちょっと腰に手を回そうとしたら、本気で嫌がられたことがあって、そのときはさすがにヘコみましたね。『何かしたかな?』って考えちゃいました」(28歳/男性/営業)

特に深い意味は一切なく、あまり体に触られたくない気分のときもあるでしょう。でも、その避け方が本気で嫌がるような素振りだと、さすがに彼氏を落ち込ませてしまうだけ。
「今日はちょっと体調が悪いんだ、ごめんね」などと、やさしく拒んであげるようにしないと、余計な誤解を生んでしまいかねませんよ。

2.詳しい「予定」を教えてくれない

「デートの約束をしようとしても、なかなか予定を教えてくれないと、なんかすごく不安になりますよね。明らかにあやしい感じがしちゃうので、良からぬ想像をしちゃいます」(27歳/男性/WEBデザイナー)

恋人同士なら、自然とお互いの大体のスケジュールを把握していたりするものですよね。
それがいつからか、詳しい予定を教えてくれなくなったりすると、「他の男と遊んでるのかな?」なんて疑いたくもなるはず。全てを教えなくてはいけないわけではないですが、変に隠そうとしたりすると、どうしてもあやしい行動に見えてしまいます。「その日はまだわからないから、わかったら言うね」とちゃんと答えてあげれば、彼氏もわかってくれるでしょう。

3.全く「嫉妬」をしてくれない

「他の女の子と飲みに行ったりしても、全く何の嫉妬もしてくれなくなると、逆に悲しい気持ちになりますね。もうどうでもいいのかなって思ったりしちゃいます」(29歳/男性/イベント制作)

「嫉妬」は愛情の裏返しでもあります。
だからこそ、全く嫉妬が感じられなくなると、「自分への愛情がなくなってしまったんじゃないか」と男性は不安に感じます。他の女性と食事をしたり、合コンに行ったりしても、一切ヤキモチを焼いてくれなかったら寂しいもの。信用をしているから嫉妬をしたりしないのかもしれませんが、男性はそうは思ってくれないかもしれませんよ。

4.自分が「最優先」じゃなくなった

「今までは何に対しても、俺のことを最優先にしてくれていたのに、だんだんそうじゃなくなってくると、気持ちが冷めてしまったのかなって感じますね」(31歳/男性/保険会社)

自分とのデートよりも他のことを優先されたり、急に約束をキャンセルされることが多くなると、彼氏の中に不安が生じます。
以前との違いに、「自分よりも優先させたい何かができたのか」と、色々と勝手に想像してしまうかも。
常に最優先にするのは無理でも、大事な存在であるということは適度に示してあげる必要がありますよ。

おわりに

女性としてはそんなつもりはなかったとしても、彼氏を不安にさせてしまっていることもあります。そんなことが多くなると、ふたりの間にも微妙なすれ違いが生じてしまいますよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事