2017.06.30

デート成功の鍵?ふたりの満足感をアップさせる「彼を立てる」テクニック

恋愛のはじめでも、交際が長くなってきたときでも、デートって特別な時間ですよね。彼といつも会えるわけではないので、デートのときにはお互いに楽しい時間を共有したいもの。自分も相手も気持ちよく過ごせて、さらに彼の心をガッチリ掴むコツとして、デートで女性が男性を立てるポイントをご紹介します!彼に何かしてあげることだけが「立てる」だと思っている人は、要注意ですよ。

ドアは開けてもらう

デートしていると、レストランやお店の入り口などでドアを開ける場面がありますよね。そのとき、女性が率先してドアを開けてしまうのではなくて、男性のちょっと後ろを歩き、男性にドアを開けてもらうようにしましょう。ドアを開けて女性を先に通す男性って紳士的に感じますよね。女性も自分が大切に扱われたように感じますし、男性も自分を立ててもらったと満足感が得られます。

料理を取り分けてあげる

デートでレストランに入ったとき、お互いに別々のものを頼むのではなくて、前菜やメインなど多めのものを頼んでふたりで分けることってありますよね。お料理が運ばれてきたら、「取り分けるねー」とお皿に取り分けてあげましょう。自然にさっと取り分けてあげるのがコツです。小さな気配りですが、彼のお皿の方にメインの食材をちょっと多めにのせるなどすると、彼もさらに「大切に扱われた」と感じるはず。家庭的な印象を与えられる上に、自分を立ててもらったと彼も喜びますよ。

会計は男性に任せる

カフェやレストランの会計のとき、ふたりで支払うのは店先で邪魔にもなるし、時間もかかってしまいスマートじゃないですよね。値段に関わらず、お店での会計は男性に任せましょう。おごってくれた場合は、「ありがとう、ごちそうさま!」とすぐに伝えるのはもちろん、自分もお金を出すつもりなら「先に出て待ってるね」と言って、お店の外でぱっと渡しましょう。実際には割り勘でも、支払いの場面では男性を立ててくれたんだと嬉しく感じるものです。

増えた荷物は持ってもらう

デートで洋服やお土産を買ったりして荷物が増えることってありますよね。そんな時「荷物持つよ」と彼が声をかけてくれたら、「自分のものは自分で持たなきゃ!」と思わず、お願いするのがおすすめです。男性は何も持っていないのに、女性がたくさんの荷物を持って歩いているのを見かけると、「彼女の荷物、持ってあげたらいいのに」とか「よほどひ弱な男性なんだな」と思う人もいます。男性に荷物を持ってもらうことは、力強くて気の利く男性という意味で男性を立てたことにつながります。

男性を立てて大切に扱われよう

男性の気分が良くなるように立てることは、相手からもあなたを大切にしようという気持ちにさせるコツでもあります。特にデート中は男性を立てて、お互いに気持ちの良い時間を過ごしてくださいね。(fil/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事