2017.07.10

いかに「良いインパクト」を残せるか!?初デートで女子に気をつけてほしいこと

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。最初のデート。ここをクリアしない限り、次のステージにはいけません。お互い1回目は、必要以上に良く見せたいですし、誰もが、カッチカチだと思います(笑)。
それも十分理解したうえで、一回目のデートで、男性の好感度を下げないために、気をつけてほしいことをいくつかまとめてみましたので、参考にしてください。

露出少なめ&きれいめ

まずは、ファッション。気合い入れて、男が喜ぶと思って、とにかく露出多めで行かなきゃなんて思わなくていいです。もちろん、それがたまらん男もいると思いますが、逆に苦手な男もいることも知っておいてくださいね。
ここは、無難を狙うべき。マジョリティにうけることを、ぜひチョイスしてください。そうなると、露出は少なめかつ、きれいめのファッションでのぞめば、第一印象のイメージで失敗することはありません。

会っている時間は・・・・

これは、最低限やって欲しいこと。そう、スマホをデート中は絶対見ないこと。スマホが近くにないと落ち着かないスマホ中毒者も中にはいると思いますが、はじめてのデートの時くらいは、そっとカバンの中にしまっておきましょう。そっとですよ(笑)。見ないにしても、テーブルの上に置いておくこともNGです。やっぱり、男としても、チラチラ見られたら、とても気になるし、「俺との時間は、つまらないのかな?」と落ち込んでしまいます。
どうしてもLINEチェックをしたい衝動にかられたら、トイレに立った際に、こっそりチェックするくらいの配慮はしましょう。

ご馳走になる気マンマンにならい

次は、マインドの問題。はじめてのデート。学生じゃない、ちゃんとした大人の男性なら、ご馳走してくれるはずです、たぶん(笑)。そこでワリカンとかで済ませる男がいたら、もう、終了ですね(笑)。次回のデート以降が思いやられますよ。誘っときながら、ワリカン割勘はないでしょう~。
ただ、最初からご馳走になる気マンマンの態度はやめておくべきです。(心の中でご馳走になれると思っていても…)会計時に、一人サクサクとお店の外に出るとか、絶対止めてくださいね!
少なからず、演技でもレジで財布を出すフリを見せたりはしましょう。そこで、「じゃあワリカンしようか」とある意味しびれる返しをする男はいないと思います(笑)。
仮にいたら、天然記念物クラスです。だいたいは、「いいよ。ここはご馳走させてと」やさしい言葉をかけてくれると思います。そして男性の頭の中には、ちゃんとしてる子のイメージが刷り込まれるはず。

御礼LINE

最後はクロージングです。デートの当日の夜に、「楽しかったです。ご馳走様でした!」くらいの軽い御礼LINEを送れば完璧です。この御礼LINEにも、送るのに効果的なタイミングが実はあるんです。それが、デート翌日のお昼タイム頃。それはなぜか?
デート当日にLINEがこなかったという不安で、時間が経つにつれて、男性のテンションがドンドン落ちていくんです。それが一番下がりきったのが、ちょうど翌日のランチタイム。
そこで予期もしなかった御礼LINEがあれば、ふり幅がある分、いっきにテンションMAXです。
ランチタイム以降は、引き伸ばしても逆に礼儀が無い子というマイナスイメージになってしまうので、これは良くないですからね。だから、引き伸ばしても「翌日のランチタイム」と思っておきましょう。

おわりに

今回お伝えしたポイントを最低限おさえておけば、一回目デートで失敗するリスクは回避できると思います。ぜひ、参考にしてみてください。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事