2017.07.21

微妙な空気にならないように!彼氏もいる飲み会での「ベストな振る舞い」

職場やサークルなど同じ集団に彼がいると、みんなと一緒の飲み会に2人で参加することもありますよね。せっかくなら楽しみたいと思いながらも、ふたりの関係をオープンにしていてもいなくても、ちょっと気まずく感じる人もいるのではないでしょうか。そんな時に意識すべき4つの振舞い方をご紹介します。

1.席は離れて座るべし

大勢の飲み会では、カレとは離れて座ることがおすすめです。
2人のお付き合いを公言している場合は、近くに座っていると周りに気を遣わせてしまう可能性も。職場などの飲み会では、全員での交流を図ることが目的なのに、そこにカップルがいるとちょっと気まずいですよね。

付き合っていることを周りに隠している場合も、飲み会では離れて座った方が良いでしょう。酔ってふとした瞬間に親しさが出てしまうと、バレてしまうかもしれません。
周りも自分も気を遣わないですむように、席を決める時は注意しましょう。

2.面倒見のいい女子を目指す

大人数での飲み会に注文や取り分けをしてくれる人がいると、周りの人は過ごしやすいですよね。面倒見のいいキャラは、カレからも他の人からも評価が高いもの。
大勢での飲み会でも、男性は意外と彼女のことを見ているもの。いつもは甘えてくる彼女が、みんなのために積極的に動く姿を見たらギャップで嬉しくなる可能性大です。今までは「一緒にいて楽しい」という理由で付き合っていただけでも、面倒見のいいところを見たら、結婚も含めた将来を具体的に考えるきっかけにもなるかもしれませんよ。

3.まずは自分が楽しむ

彼氏のいる飲み会となると、行く前から気が重くなったり、周りに気を遣うこともあるかもしれません。1番の対処法は、あまり重く考えず、いつも通り楽しむことです。彼を意識しすぎて大人しくしていると、周りの人から「楽しくないのかな」と思われてしまいます。

周りの人と楽しく喋っているのを見た彼が、嫉妬してしまうという心配は無用。そのくらいで嫉妬するような器の小さい男なのかどうか、そこは彼の本性を見抜くチャンスでもあります。また、ちょっとの嫉妬は、彼がさらにあなたを好きになるきっかけにもなるのです。もちろんあなたも、彼が他の女子と仲良くしているからといって、必要以上の嫉妬は見せないようにしましょう。

4.仲良く一緒に帰る

飲み会ではあまり接しなかった分、帰りは一緒に帰るがおすすめ。2人で飲み直したり、時間があれば彼に家まで送ってもらうなど、大人数で過ごした後だからこそ2人の時間を大切にしましょう。もし飲み会でお互いを嫉妬することがあっても、一緒に帰れば誤解も解けそうですよね。
他の人に気を遣わせる可能性があるなら、駅のホームで待ち合わせするなど、事前に相談しておきおいてくださいね。

おわりに

彼と一緒の飲み会となると、彼や周りに気を遣ってしまい、あまり楽しめないという人もいるでしょう。しかしそんな時こそいい女を意識しれば、彼からの好意がアップするかも。自然体で楽しみつつ、カレとのラブラブ度も上げちゃいましょう。(石川芽衣/ライター)

(ハウコレ編集部)
(ササキミウ @M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

関連記事