2017.08.29

残暑のおしゃれ、どうする?今すぐ実践できる夏から秋へのスイッチコーデ術

夏の終わりに差し掛かると、秋気分がグンと高まりますよね。
でも実際、30度越えの“残暑”が待ち構えています…!

夏っぽさはもういらないけど、全身秋服を着るには早すぎる。そんな残暑のおしゃれ問題を解決していきます!

ボトムスだけ、秋めかす

出典:wear.jp

素材感はそのままで、秋柄を取り入れてみて。
落ち着いた色味が揃うグレンチェックは、履くだけでグンと秋らしく変身できます。
今まで着ていた夏Tとの相性も良いから、合わせやすいのもポイント!


出典:wear.jp

鮮やかなきれい色ボトムスが流行りましたが、残暑には華やかすぎて逆に浮いちゃうかも。
深みのある色や、くすみカラーにチェンジして、季節にあった色を選びましょう。
トップスは白で爽やかにまとめるとバランスが取れて◎

秋色の半袖Tをプチプラで買う

出典:zozo.jp
バルーンスリーブカットソートップストップス/Re:EDIT ¥1,798税込

まだまだ半袖が手放せない残暑。トップスで秋らしさを出すには、色で勝負するしかない!
でも、8月の終わりに半袖を買うのってちょっと勿体ない。って子はプチプラで手に入れましょう!


出典:zozo.jp
フリルカットトップス/dazzlin ¥3,780税込

どのメディアからも注目を浴びる“チョコレートブラウン”は絶対使えます。
全身をワントーンでまとめて、ビタースウィートに仕上げましょう♡
半袖だから、30度越えの日も涼しげ。

モノトーンなら流行カンケーなし

出典:wear.jp

毎日トレンドのことばかり考えていると、楽しいおしゃれも疲れちゃう。
流行に左右されないモノトーンコーデも残暑のワードローブに入れてあげよう。
季節を問わず頼れます!


出典:wear.jp

夏に流行ったレースキャミのレイヤードも、スキニーパンツと合わせてクールに着こなし。
流行りのファーアイテムは、サンダルなら抜け感が出てGOOD!
白×黒でちょっぴりクールにきめちゃいましょう。

なんだかんだ、重ね着が頼れる

出典:wear.jp

ハウコレでもたくさんPICK UPされている“ビスチェ”。
ニットやベロア、ファー素材はもちろん、手持ちのシャツをビスチェ風にアレンジするのもおすすめ!

人気記事もチェックしよう!
キャミやタンクの上にGジャンを“崩して”着るのもおしゃれ。
あえて肩を出せば、肌が見える面積も広くなって暑苦しくみえない!
ちょっぴり上級者向けの重ね着術です。

レトロって無条件に秋っぽい

出典:wear.jp

これでもか!というくらいレトロなファッションが流行したこの夏。ヴィンテージ感のあるお洋服って、無条件に秋っぽくみえることが判明!
夏に買った小花柄やシャツワンピは、まだまだ着てもOK♡


出典:wear.jp

夏小物と合わせても、ほどよく秋らしく見えちゃう♡
今までヴィンテージに手を出しづらかった子も、秋をきっかけにトライしてみては?

これで残暑もこわくない♡

いかにも夏!なコーデはまた来年。
夏アイテムを上手に残しつつ、秋らしさを取り入れたスイッチコーデのつくり方でした!(A K A R Iライター)
 
 (HCファッション編集部)

※写真は全て、権利者の許諾を得て使用しています。

関連記事