2017.10.01

「YES・NO?」告白の返事を待ってほしいときに使えるセリフ・4選

告白された相手が好きな人なら、その場で「はい」と言えるかもしれませんし、どう考えても恋愛対象にはならないと考えている人なら「ごめんなさい」と言えるもの。でも、そんなに白黒ハッキリつけられる人ばかりではありませんよね。

思いがけない人から告白されて、いますぐ決められないとき、告白の返事を待ってほしいときには、どんなふうに言えばいいのでしょう?

●「大切なことだから、ゆっくり受け止めさせて」

まずは、相手が勇気を出して伝えてくれた想いを、大切にする意志を伝えましょう。変にもったいぶったり、期待させたりするのはよくありませんので、「ありがとう」と伝えて、シンプルに「ゆっくり受け止めさせて」と答えるといいかもしれません。「考えさせて」より、やさしい表現で伝えることができます。

もし、「いつまでに返事もらえる?」と聞かれたら、自分が考える時間を考えて、相手に伝えましょう。聞かれない場合もあるので、その際は2週間くらいを目途に、よく考えて返事をしてあげてくださいね。

●「手紙でお返事してもいい?」

直接告白されたなら、直接言葉で伝えるのが一番ですが、それができないこともあるかもしれません。そんなときは、手紙で返事をしてみてはいかがでしょう?

メールやLINE、SNSのメッセージでも、返事を伝えることはできますが、相手の真剣な告白を真摯に受け止めたいなら、手書きの手紙がおすすめです。落ち着いて、自分の想いを整理しながら書けますし、手紙なら話すのが苦手という人にも向いていますよ。

●「一度デートしてからでもいい?」


この人ならあり!とは思うものの、突然の告白でびっくりするときって、告白してきた相手のことをよく知らないケースが多いもの。ちゃんと頼れる人?気遣いができる人?など、疑問がたくさん…なんて場合もあるのではないでしょうか?

そんなときにおすすめなのが、おためしデートの提案です。相手にとっては実技テストになるので、気合いを入れてくるはずですが、入れ込みすぎないかどうかもチェックできます。

どんなデートを展開してくれるか、逆に無理しすぎていないか、どんなお付き合いになるのかイメージしながら、実際にデートのなかで考えてみましょう。

●「1ヵ月限定で付き合うっていうのはどう?」

気持ちは傾いているけど、本当にこの人でいいの?そんなときには、期間を限定して付き合うというのもひとつの方法です。デートしてから決めるのと似ていますが、違うのは付き合う前提であるということ。

これを前提として、ダメだったときの自分に、先に保険をかけておくのです。このセリフは、向こうの本気度がわからないときにも有効です。1ヵ月かけて、彼の本音と自分の本音を、しっかり見極めていきましょう。

●おわりに

告白するのも勇気がいるものですが、告白の返事だって、それに似ているところがあります。告白の返事を待ってもらうのは、不誠実なことではありません。

迷っているのであれば、自分の気持ちと向き合って、ゆっくり考えてみましょう。どんな答えにしろ、しっかり考えてから出した答えのほうが、いい結果になるはずですよ。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事