2017.10.25

「彼氏の友達に紹介されたとき」にやってはいけないこと

男性は本当に大事にしている彼女のことは、ちゃんと自分の友達などにも紹介してくれるものです。

でも、友達の前でガッカリするような行動を取られたら、一気に気持ちも冷めてしまいかねません。

そこで今回は、「彼氏の友達に紹介されたとき」にやってはいけないことを紹介します。

1.ほとんど「しゃべらない」

「友達を数人呼んで、みんなで楽しくBBQをしようと思って、他のやつも彼女連れてくるし、自分も彼女に来る?って聞いて行くって言うから連れてったのに、彼女がほんとんどしゃべってくれなくて、マジで空気が悪くなった。もう二度と連れて行きたくない」(27歳/男性/広告代理店)

人見知りな人の場合、初対面の人がたくさん集まる場って、ちょっと居づらくもありますよね。

でも、他の人もいる環境にOKと言ったのであれば、そこはやっぱり頑張って交流を深めようとはするべき。

自分から話しかけたり盛り上げたりできなくても、話しかけられたら答える、リアクションをする、ぐらいは最低限しましょう。

一切しゃべろうとしなかったりスマホをイジってばかりいたら、彼氏はもちろん、彼氏の友達からも嫌悪感を抱かれてしまうでしょう。

2.「年下の友達」に偉そうにする

「俺の後輩に対して、年下だからって偉そうに接しているのを見たときは、本当に腹が立った。『俺の後輩ではあるけど、お前の後輩ではない』って説教しました」(27歳/男性/美容師)

彼氏の後輩や年下の友達に対して、自分も先輩ヅラをしてしまう。
実はこれは結構よくあるNG行動です。

あくまでも彼氏の後輩であるので、あなたが偉そうに接したり、上から目線で意見したりするのは、やってはいけない勘違い行動ですよ。

彼と彼の友達や後輩には、これまで過ごしてきた時間があるから今の関係ができているのです。彼にとっては後輩でも、あなたは「初対面の人」としての対応が基本です。

3.「イチャイチャ」しようとする

「友達みんなが見ている前でベタベタくっついてきたり、キスしようとしてきたりして、最悪な気分になったことがある。友達たちもさすがにあれには引いていた」(30歳/男性/飲食)

男性は人前でイチャイチャするのは好きではないという人が多いです。

しかも、友達の前となったら、絶対に嫌がるはず。
友達に冷やかされたりもするでしょうから、本当にやめてほしい行為でしょう。

仲の良いところをアピールしたいのかもしれませんが、バカップルっぽく見えてしまう可能性の方が高いかも。

特に男性は、女性ほど恋愛話を友達にはしませんから、そういう「2人の空気感」を友だちの前で出すのには、女性が思う以上に抵抗があるのです。

4.彼氏のことを「馬鹿にする」

「『この人めちゃくちゃ給料安いからね』って、みんなの前で言われたときは、本気でキレそうになった。金額までバラそうとしてたから、それはさすがに必死に止めた」(29/男性/メーカー)

彼氏を最も怒らせる行為がコレ。
友達の前で自分のことを馬鹿にされたり、知られたくない恥ずかしい部分を暴露されたりしたら、プライドはもうズタボロ。

話を盛り上げようとして言ったりするのかもしれませんが、あなたへの信頼度が一気になくなってしてしまうだけですよ。

おわりに

せっかく友達に紹介してくれたのに、彼氏を幻滅させるような行動を取ってしまったら、全てが台無しになってしまいます。

友達の前でも楽しく振る舞ってくれる彼女だと、自慢の彼女にもなれますよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事