首をかしげる女の子

2017.11.07

彼氏が電話をしたくなるキュンテクニック!

彼氏の声を聴くだけで安心する人っていますよね。ラインでやり取りすればいいものの、電話してまで相手の声を聴くという女性も少なくないでしょう。
相手が電話が苦手だったとしても、彼氏を電話好きにするテクニックがあります。今回は、キュンと来る電話テクニックについて紹介していきます。実行すれば、彼氏も自然と電話好きになっていることでしょう。

1.物足りないくらいがちょうどいい

最も、彼氏と長い時間電話していたいという気持ちもわかりますが、キュンとさせるには長電話は禁物です。中身のない話ばかりをしてしまうと、「面倒な時間が増えたな」と思われてしまうからです。ここで重要なのは「あれ?もっと声聞きたいのに!」と彼氏に思わせることです。
時間を割いてまで電話をするということは、彼もそれなりに電話の時間を取ってくれているということ。しかし、長すぎてしまうと彼も飽きてしまうでしょう。電話に飽きさせないためにも、一回の電話を短くすることが重要です。仕事帰りの数十分の他愛のない会話でも、案外彼はキュンと来てしまうものですよ。

2.一緒にいる時みたいに楽しい会話を

彼氏と電話しているときは、様々な会話をすると思いますが、相手を笑顔にできるような明るい話題をするにように意識しましょう。普段彼と一緒にいる時みたいに、車内などの移動中でも盛り上がれるような会話をしてみると、彼としても電話を楽しむことができます。隣に彼がいなくても、一緒にいる感覚にさせるような話題を提供してみるのがベストです。
彼に対する不満や愚痴を話してしまう気持ちもわかりますが、それは彼の気持ちをナイーブにさせてしまうだけです。たまにはそういう会話もいいですが、毎日の電話を楽しみにさせるような話題が重要です。

3.彼に感謝の気持ちを伝える

普段彼氏に感謝の気持ちを伝えていますか?
何気ない日常の中で、彼に感謝する瞬間てありますよね。その気持ちこそ、電話で伝えてみると良いでしょう。改めて伝えるというのが少し恥ずかしいという人もいますが、伝えられた彼氏も照れくさそうにしていることでしょう。しかし、感謝の気持ちを伝えられて嬉しくない人はいません。
「ありがとう」という言葉を伝えるだけでも、彼氏は嬉しいものです。日頃の感謝を込めて、電話でその気持ちを伝えてみると、彼をキュンとさせることもできます。「いつも電話してくれてありがとう」と言うだけでも、キュンと来てしまうのではないでしょうか。

相手から電話をもらうために

自分主導で電話することもありますが、電話好きな彼氏になってくると、相手から電話をもらう機会も増えてきます。その場合、電話することが楽しいという気持ちを伝えると良いでしょう。話題がなくなれば、結構無言になってしまうカップルもいるみたいですが、それでは電話している意味がありませんよね。女性ならそこで「大好き!」と伝えてみても良いでしょう。
目の前に相手がいないからこそ、彼はもどかしい気持ちになってしまうかもしれません。だからこそ、愛情表現に嬉しさを感じるのは当たり前のことです。相手から電話をもらうためにも、自分の気持ちを伝える重要性を感じてみると良いでしょう。

過度な電話は要注意!

彼氏をキュンとさせて電話好きになってもらう方法を紹介しましたが、電話のし過ぎは彼に負担をかけてしまう可能性もあります。相手の時間を使ってまで電話をするということは、相手の時間を拘束してしまうということにもなりかねないのです。そのため、キュンテクニックを知ったからといって、毎日電話をするのはやめましょう。たまにかけるくらいが、彼氏にとってもちょうどいいのです。電話をするときは事前に連絡しておくことも重要ですが、急にかかってきたほうが彼氏からしても嬉しいでしょう。「急にどうしたの?」と聞かれたら「ちょっと声が聞きたくなって」と甘えるとキュンとさせることもできますからね!

おわりに

普段電話をしなかった彼でも、キュンとさせるテクニックを使えば電話好きな彼にすることができます。感謝の気持ちを伝えたり、時には甘えたりすることで彼に色々な感情を伝えるきっかけ作りにもなります。電話する習慣ができれば、こちら側から電話をかけるのではなく彼氏のほうから電話をかけてくれることも増えてくるでしょう。色々なテクニックがありますが、一番大切なことは気持ちを伝えることです。感謝の気持ちでも好きという気持ちでも、相手は嬉しいので、積極的に伝えましょう。
関連キーワード

関連記事