2017.12.25

キラキラした恋は「じぶんの弱さを出せる相手」と出会ってこそ

恋心って、わたしたちを欲張りにさせてしまうところがあるので、理想の彼氏像が「イケメン」で「それなりのお金持ち」で「やさしく」「わたしのことを楽しませてくれて」「淋しいときは会いに来てくれて」……などと、延々と続く人もいるでしょう。

そういう人は、理想の彼氏像を短くひと言で言ってくださいと言われたら、なんて答えますか?

■馬が合うことについて

ときどき「わたしは今の彼氏と出会ったとき、彼とつきあいたいなんてまったく思わなかった。でも彼と何回か会っているうちに、彼と馬が合って……」と言う人がいますが、馬が合う、ごく簡単に言うならつまり、どことなく気が合ったということですね。

彼のルックスに点数をつけるなら平均点くらい、彼のやさしさも平均点くらい……あれもこれも平均点くらいだけど、馬が合うというところだけは120点、みたいなことをきっと、この彼女は考えているのかもしれません。

馬が合うというのは、これまたごく簡単に言えば、お互いにじぶんの弱いところを、なんのてらいもなく(臆することなく)見せることができたということです。

お互いに考え方が似ているとか、育ってきた環境が似ているとか、趣味がおなじとか、いろんな理由で人々は馬が合うという言葉を口にしているようですが、趣味がおなじでも馬が合わない人もいるわけで、「馬が合う」の最大公約数をとるなら、「じぶんの弱さを相手に見せることができた(そしてそれを相手はごくふつうに受け止めてくれた)」ということではないかと思います。

■キラキラした恋はじつは弱さが支えている?

恋愛がうまくいかなかったケースを考えてみると、もっとわかりやすいかもしれません。「わたしは誰とつきあっても、交際が3ヵ月ともったことがありません」と言う人って、やっぱり彼も彼女も、じぶんの弱いところを相手に見せることができていなかったはずなんです。見せたつもりであっても、それは相手に届くことなく、途中でどこかに行ってしまったということでしょう。あるいは単純に、見せるべき相手をまちがっていたとか。

多くの女子が「キラキラした恋」というものを求めているということを聞きます。見ていても、おそらくそういう恋を求めているのだろうなあと思います。
人は輝こうと思えば、その反対側にある暗い部分を引き受けるしかない、ということを知っていれば、どんな人だってキラキラしている恋を手にできるでしょう。

キラキラしている恋をしているカップルって、どこかしらふたりとも無理をしていないように見えませんか?ヘンにじぶんの弱さを隠しているふうでもなく、かといってことさら強そうに見せているわけでもなく……ほどよくお互いの強いところも弱いところも、お互いに受け止めあっているふうに見えませんか?

■恋心が見せてくれるマジック

こういうカップルに、なにか特殊な能力があるというわけではなく、単純にお互いに「馬が合うパートナーがほしい」と、ひそかな願いを胸に生きていたということではないでしょうか。人は誰だって弱さを持っているし、その弱さを誰かに受け止めてもらいたいと思っているわけだし、だからこそ、恋人や友達を求めるわけだし。

馬が合う彼氏がほしいと思って、でもできなくて、あれこれ難しく考えてしまっている人は、じぶんの弱さを出せる彼氏がほしいとだけ願ってみるといいかもしれません。そう願えば、不思議と強がる気持ちが薄れていく――恋心はわたしたちに、こんなマジックを見せてくれるだから不思議です。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事