2017.12.27

フラれた経験がいい女をつくる

片思いしている彼のことが好きでたまらなく、ベッドの中で思わずスマホで、彼の名前でググったことのある人も、きっといると思います。

ググったところで、彼のフェイスブックとかツイッターくらいしか出てこなくて、そこにはさしたる写真も言葉もなく、ガッカリして、「やっぱりネットには、わたしがホントに知りたいことは載っていないんだ」と思ったことのある人もいるでしょう。

■いい女になる方法

「いい女」になりたいと思って、どうすればいい女になれるのか、ググったことのある人もいるでしょう。いい女になる方法はたくさんあるそうで、ちょっとググっただけで10や20のことは箇条書きで出てきます。

がしかし、それを知ったところでいい女になれるわけでもない。内面を磨こうとか、都合のいい女になるのはよそう、というような「いい女になる方法」が出てきますが、それって、頭では理解できることではあるものの、「いい女になるために内面を磨きましょう」と言われても、ちょっと困りませんか?内面って、どうやって磨くんだっけ?

いい女って、経験でしかつくられないものではないでしょうか。最近ときどき、スマホやPCのことを「平面」と呼び、それに対してリアルに誰かと会うことや、なんらかの経験をすることを「立体」と呼んでいるのを聞きます。「平面の世界ではなく、立体の世界で得た情報や経験が、人をつくる」とかと言われています。

少し前なら「二次元」とか「三次元」という言葉を使って「二次元の世界はしょせん二次元の世界だから」と、マンガやゲームを小馬鹿にしたような言い方がありましたが、あまりに小馬鹿にしすぎて人々の失笑を買ったのか、今は「平面」と「立体」という言葉が使われているようです。

■経験したこと以上のことは、おそらく身につかない?

むかしから「どんなに情報がこの世に溢れようと、人はじぶんが経験したことでしか学ばない」と言う人がいます。じゃあ学校で習った世界史はなんなんだよ、と反論したくなるような言い方ですよね。歴史を学ぶことで「温故知新」したり、「他人のふり見て我がふり直せ」をしたりできるわけだから。

ただし、こと恋愛においては、じぶんが経験したこと以上のことは、おそらく身につかないように思うんです。たとえばあなたの友達が「外見がチャラそうな男子は、遊び人だったから、絶対につきあわないほうがいい」なんて言ったとしても、それはその子にとっての真実かもしれませんが、あなたはじぶんがそういう男子と実際につきあってみないとホントのところがわからないですよね。

■だからまずは外に出て、誰かに会いに行こう!

女子とか女性とかではなく、女という言葉をあまり多用したくないので、この項を書きながら、いい女という言葉に変わるほかの言葉を探していたのですが、適当な言葉が浮かんでこないので、いい女という言葉を使い続けます。いわゆるいい女を見ていたら、みなさんそれぞれに、なんらかの経験が豊富です。換言するなら「男が放っておかないだろうなと思える女性、つまりいい女って、いろんな経験をしています」ということ。

いろんな経験ってなにか?スポーツをやっている人であれば、誰よりもたくさん練習し、誰よりもたくさん試合に出たという経験。恋愛で言うなら、おそらく誰よりも深く愛された経験と、それからフラれた経験でしょう。誰よりも深く愛されるほうの経験は、みなさんそれをじぶんから求めていくでしょうから、多くの人が経験したことがあるはずです。

フラれた経験。そのなかでもとりわけ「こんなに失恋がつらいものだと思ってもいなかった。失恋から立ち直ることが、あんなにもしんどいことだとは思わなかった」という経験。これがおそらくいい女をつくります。

ネットも小説も映画も教えてくれなかったから「思ってもみなかった」ということでしょ?愛されたほうの「いいこと」の多くは、ネットも本も映画も音楽も教えてくれます。が、失恋ばかりは経験しないと、想像はできても実感として「なんのことかよくわからない」。

つまりネットに載っていない立体の情報が、あなたをいい女に導いてくれるということです。だからまずは外に出て、誰かに会いに行こう。どこかに出かける途中の電車の中で、この『ハウコレ』を読んでくださるとまことにありがたいわけですが、まあそれはまた別の話か。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事