2012.03.29

SかMか?気になる彼の性格を診断する方法・7選


「よく、あの人ってドSらしいよ」なんて言いますよね。

サディスティックの略として使われる「S」。

マゾヒスティックの略として使われる「M」。


難しい心理学的な分析や、エッチなシーンでのSとMもありますが、

ここでは、日常生活での
S=「攻める、相手をいじる方が好き。他人に対して主体的、能動的でありたい」
M=「攻められたり、いじられる方が好き。他人に対しては受け身が心地よい」
という定義で、

「気になる彼は、SなのMなの?」を判断する方法をまとめてみました!

「え、それって変じゃない?」など、相手との会話にツッコミを入れてみましょう。

それで相手の眉間にしわが寄るなど、「イラっ」した表情をされたら、Sの可能性が高いです。


Sは、いじられるのが苦手です。
ツッコミを入れすぎると敬遠されるので、注意しましょう。

Mの人は、相手の感情に流されやすい傾向があるそうです。
また、Sの人は、自分の気持ちを人に知られるのを嫌がるんだとか。

 

一緒に「セカチュー」「頭の中の消しゴム」を見て、反応を見てましょう。

恋愛中も、Mな彼の感情的な部分を刺激するように、揺さぶりを掛けて。

たまに泣かせるぐらいが良いでしょう。

「オレが教えるよ」「違う違う、そうじゃないって」
など、あなたがやっていることについて、口出しが多かったり、自分の知識を教え込もうとしてきたら、S。


Sは教育欲が旺盛なんだとか。

素直に教えに従っておくと、あなたをかわいがってくれます。

「女友達と遊びに行かないで」「携帯から他の女の連絡先、全部消してよ」
などと、彼の行動範囲を制限してみましょう。

それに素直に従うなら、彼はMっ気があるはずです。

 

上手に束縛してあげると、彼はあなたから「愛されている!」

と実感することができます。

仕切り上手、鍋奉行のタイプもSでしょう。
合コンなど、初対面でも見抜きやすいですね。

逆に、「何でも好きなの言ってよ」と、相手に決定権をゆだねる男子はMっ気がありそう。

 

なかなか注文が決められないタイプの女子は、Sタイプを狙っていくのがおススメかも。

TVや雑誌等でも度々紹介されている、定番ネタですが、

相手に向かって、握りこぶしを出して「アゴを載せて」と言ってみましょう。

 

その時、相手の目を見ながら、こぶしにアゴを載せたらS
下を向いていたり、目を合わせなかったら、Mなんだとか。

これも定番ネタですが、一番手っ取り早いかもしれません。
「自分で自分の爪を見て」と言って、


手のひらを下にして、指を伸ばした状態で爪を見たらS、
手のひらを上にして、指を丸めた状態で爪を見たらMだそうです。


いかがでしたか?
あなたのMY判断方法があったら、ぜひコメント欄でお待ちしています!

関連記事