2018.04.23

時代遅れじゃない?「忙しい自慢」をする男性の本当の価値

こんにちは。沙木貴咲です。「最近、忙しくてさ……」が口癖の男性はいませんか?重要案件を抱えていて、本当に忙しいかもしれませんが、ことさら周りにアピールするのはどうなんでしょう。

忙しいのはデキる男の証拠、という価値観はバブル期の負の遺産でしかありません。
50代でもないのに忙しい自慢をしている男性の価値とは、いかがなものでしょうか。

■今は、社畜になっても報われない

高度成長期やバブル期は、がんばるほど年収も上がり、社内での地位も上がり、やり甲斐のある仕事を任せてもらえる時代でした。

しかし今は、バブル期に比べると20~30代の平均年収が100万円以上も落ち(物価は上がり続けているのに!)、男性が10人いれば管理職になれるのは1人だけといわれています。ただ、職位が上がっても雑務に追われるだけで、やり甲斐が得られないという意見が目立つようです。

2015年ころから20~30代の起業、フリーランス化が流行り、今年の1月には厚生労働省が副業についてのガイドライン骨子を作成しました。
今は、働き方が多様化していて、忙しく働くことが必ずしも正しいとはいえなくなっているんです。

実際に、人気写真アプリを制作したスナップマート株式会社の元代表取締役、江藤美帆さんは、こう述べています。
「何になりたいか、どんな仕事がしたいか、という問いにはハッキリ応えられない若い子が大勢いる一方で、どんな働き方がしたいか、どんな生き方がしたいかという質問にはちゃんと答えられる。つまり、『こんなライフスタイルを送りたいです』というのが、目標であり夢になっている」と。

これに対して、若い人は夢がないと嘆くオトナもいたのですが、それが今の20~30代前半の人たちのリアルだろうと、私は思っています。
働き方は、自分のライフスタイルや価値観に合わせるのが、今どき当たり前なのだと。

■どうして『忙しい自慢』をするの?

忙しい自慢をする男性は、今どきの働き方の波に乗れていないのかもしれません。暇がないことがエライ、忙しい俺はカッコいいという価値観を持ちますが、それが本当に正しいのかどうかは微妙なところ。

3年後、5年後になって、色んな意味で周りに置いてけぼりを食わなければいいですが……。彼氏、あるいは夫候補として魅力的なタイプとは言い難いでしょう。

ただ、今の時代の流れを汲むことよりも、独自の世界で生きている男性もいます。
たとえば、大工や工芸制作など、職人と呼ばれる昔気質な仕事スタイルを持つタイプ。あるいは、警官や消防士、仕込みが必要な調理師や飲食店勤務、マスコミ関係も、一般の人とは違う時間軸で働く人たちです。自分の仕事にポリシーを持っているなら、彼らにとって「忙しい」は間違っていないのかもしれません。

そして、起業していたり、フリーランスで働いたりする人も、仕事が自分との戦いになるので、自己責任で忙しくなっているはず。

ただ、20代で独立して、その後ちゃんと自立していける人は、30歳を越える頃から余裕を作れるようになっていきます。それは、事業がうまく回ることだけが理由ではなく、デキる男は時間の遣い方が上手だから、暇が作れるようになるといえるでしょう。

■好きな男性の「忙しい」は?

気になる男性が「忙しい」を理由に食事の誘いを断る、LINEが既読スルーになるという場合……それは残念ながら、あなたへの「NO」を表しているのかもしれません。

その気がない女性からのアプローチをスルーしたい時、実はそれほど忙しくもないのに、「忙しい」を理由にしてしまいます。
好きな男性が、やたらと忙しいと言うなら、ちょっと冷静な目で関係を見極めた方が良さそうです。

■さいごに

忙しい状況が悪いというわけではありません。仕事に充実している人ほど、複数の案件を同時に回していたり、仕事に生かせる勉強や情報収集を積極的にしたりするので。忙しさがすべて自分のためになっていると、ちゃんと理解できている男性は良いんです。

「この人、大丈夫かな?」と疑ってほしいのは、業務内容を詳しく説明できず、自分が何を目指しているかも曖昧なのに、これ見よがしに「忙しい」を連発するタイプ。
バブル期のおじさん脳を持った、時代遅れな見栄っぱり男性かもしれません!(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事