2018.04.30

長続きの秘訣!?カップルのなにげない会話を楽しくするポイントとは

恋人である以上、会話はかかせませんし、おしゃべりはありふれた日常。でも、油断していると、ちょっとした会話の「つまらなさ」や「無感情・無関心」の積み重ねによって、関係にヒビが入ることも。「楽しい会話」の大切さを、いま一度確認し、長続きするためにできることを考えてみませんか?

●ことあるごとに「ありがとう」

「ありがとう」は何度言ってもいい言葉。「感謝できること=幸せなこと」ですし、まだまだ気付いていない感謝もたくさんあるはずです。

たしかに、彼氏なんだから当たり前。というような気遣いや手助け、ちょっとした一言もあることでしょう。でも、彼女だからしてもらって当然とか、「ありがとう」を言わなくてもいいと、勘違いをしていませんか?

自分でこう書いてはいますが、実は筆者は非常にその傾向があるため意識的に気をつけているものの、それでも疎かになっている次第。きっと、同じような方も多いのではないでしょうか?

彼氏がやってくれるということは、感謝のチャンスがたくさんあるということ。感謝されれば、彼も嬉しくなりますし、感謝を伝えた自分自身でも微笑ましくなれるもの。小さなことでも、なんでも、「ありがとう」の数を増やしてみませんか?

●「~しようよ」と、ふたりの話題にする

「おもしろそうだし、やってみた~い」「私、○○にいってみたいんだよね~」と、自分のしたいことや行きたい場所を話題にすること、ありますよね。せっかくなので、ここは“ふたり”の話題に変更!個人的な好みの話題は、言い方に変化を加えて、お誘いや共感に変えてみましょう。

「おもしろそうだから、今度一緒にやってみようよ~!」「ふたりで、○○にいってみたいんだけどどう~?」実際に、やるやらないは別にしても、彼を巻き込んだ話題にするだけで、会話をグンと、ふたりのものにできますよ。

●「~じゃない?」と、彼の意見も引き出す

「○○ってダメだと思う!」「もっと○○なほうが好きだな~」と、自分の意見を言うことは大切。でも、ただ自分が発言して、それでおしまいにしてしまうと、彼も楽しくありません。

そんなときは、「○○ってどう思う?ダメだと思うんだけどさ~」「もっと○○のほうが良くない?私は○○のほうが好きなんだけどね~!」と、彼の意見もちゃんと求め、お互いの価値観や考え方を知り合う機会にしてみましょう。

普段から彼の考え方や意見を、しっかり尋ねていれば、いざ意見がぶつかったときにも◎。冷静に話し合う下地にもなりますよ。

●おわりに

どんな会話であっても、自分が思ったことを喋って、おしまいにしないことが大切です。自分がなにを話すにしても、彼がどう思って、どう感じているか、彼を知る「きっかけ」にすること。そして、彼がなにかを話している場合にも、「ふ~ん」「へ~」「そうなんだ」で終わりにしないこと。

1日1日に話すことは、本当に小さなことかもしれませんが、ふたりの将来を決めるたしかな材料です。ケンカしたり、大きな幸せを感じたりというのも、普段の会話の積み重ね。いま一度、「会話」の重要性を考えてみませんか?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事