2018.05.03

彼氏ができなくて悩んでいる女子は「働く場所を変えるだけ」で彼氏ができる

「彼氏ができないんですぅ」と相談されても、「ああそう」と、つれないことを思うときがあります。それは「いやいや、この子は出るところに出れば、絶対にモテるだろう」と思う時です。

つまり「魚がいない場所に釣り糸を垂らしても、魚なんて釣れるわけがない」ということで、たとえば授業やら実習が忙しくて、ほかの大学の男子と交流を持てない女子大生なんかは、就職したとたん、ほら見たことか的に彼氏ができてたりします。

■出会いの場所に出かけているのに彼氏ができない……

アパレルやエステで働いている女子の中には美人さんが多いというか、恋愛体質女子が多いというか、そういうこともあってか「彼氏ができません」という相談メールがしばしばきます。
こういう人たちって、わりと出かけてるんですよね。BBQに出かけるとか、夏フェスに出かけるとか、そういう、いわゆる出会いの場所に出かけている。でも彼氏ができない……。

ちょっと話が飛びますが、人って、自分のことをよく知ってくれている人のことを、ついふらっと好きになってしまう、で、付き合ってしまう、というのが、心理学的にわかっているそうです。
ネットには、同じ職場や同じ大学の人と付き合っている人がすごく多いというアンケート結果がたくさんありますが、これなんてまさに「自分のことをよく知ってくれている人のことを、ついふらっと好きになった」典型的な例ですよね。

■社会人はどこで彼氏と出会う?

社会人になると出会いの場所がなくなる人が多いのか、社会人で彼氏ができない女子の「彼氏ほしい願望」には、かなり目を見張るものがあります。「そんなに彼氏がほしいのか」と、聞いているこっちが切なくなるくらい。
そういう人の中には、「彼氏ができない=自分になんらかの魅力が欠けている=では自分磨きをば」と思って、必死になって自分を磨いている人もいるよね。

でもそういうの、別にやらなくていいです。もっと単純に考えよう!
「魚がいない場所に釣り糸を垂らしても、魚なんて釣れるわけがない」と考えてみよう。同時に、「人は自分のことをよく知ってくれている人のことを、ついふらっと好きになってしまう、で、付き合ってしまう」という、誰も文句のつけようのない法則を思い出してみよう! 自分のことをよく知ってくれているというのは、遊びの場所より長時間すごすことになる職場でそれを求めないと、ちと厳しいですよね。

■悩まない!春なんだし。

となれば、女子率高めの会社にお勤めの女子はもう、男子比率高めの会社に転職するのが彼氏をつくる近道だということになりますね。転職なんてすぐにできない……ですよね。うん、それはわかる。

であれば、Wワークや副業はいかが?

切れ目なく彼氏がいる女子って、このへんの考え方や、それに基づいた行動がきわめてうまいです。ハナから女子率が高すぎる会社だとか、出会いが少ない職種・働き方は就職の候補から外すとか、まかり間違ってそういう会社に就職しちゃったら、会社に内緒でバイトするとか、そうやって、物理的に彼氏ができやすい環境を自分で作るのがうまい。
彼氏ができないのはわたしに魅力がないからかも……と悩むのではなくて、まずは自分を置く環境を自分で整えてあげるという物理的作業にいそしむ!悩まない!春なんだし。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事