2018.07.29

長く付き合ってきた彼との「これからどうする問題」その気持ちは愛情?執着心?

こんにちは、コラムニストの愛子です。

長年一人の男性とお付き合いしていると、本当に彼のことが好きなのか、自分の気持ちが分からなくなるときってありませんか?

喧嘩が続いたり、マンネリ気味だったりして、別れようかと迷いながらも、やっぱり離れられない。これって愛情なの?それともただの執着心?と、分からなくなる時期が。

今回は、そんな迷える女性に向けて、自分の本心に気付くために試していただきたいことをご紹介します。

1.執着心を強めるのは不足感?

そもそも、愛情と執着心の違いってなんなのでしょう。

彼に夢中なときは誰だって、彼を手放したくないと思いますよね。一人の人に心をとらわれ、その人のことしか考えられなくなるのだから、恋愛中は誰しも恋人に執着していると言えるかもしれません。

愛情と執着心、これらの感情を完全に切り離すのは難しい気もします。

とは言え、明らかに愛情とは違う、強い執着心が生まれるときもあります。そしてそんな風になるのは、幸せなときよりむしろ、彼から冷たくされたり、飽きられていると感じたりしたときではないでしょうか? 悔しくて、もう一度自分の魅力を彼に知らしめたい、彼は私を好きだと再確認したい、彼の心を取り戻したい、そんな風に感じるときに、執着心って強まる気がします。

それってつまり、幸せが不足していると感じるときです。「満ち足りた幸せ」とは逆の状態で、前よりも減って「不足してしまったぶん」をもう一度彼に満たしてもらおうとするから、幸せだったとき以上に、強く、焦りに似た執着を見せてしまうのでしょう。

2.いいことをたくさん思い出してみよう

それでは本題です。

彼への気持ちが本当に愛情なのか、ただの執着心なのかが知りたいなら、彼との幸せな想い出や、彼からの愛情を感じた出来事をたくさん思い出してみることをおすすめします。頭で考えるだけでなく、書き出してみるのもいいと思います。

もし今の彼があなたに冷たくても、そのことは一旦考えないようにして、幸せな気持ちで満たされるまでいいことばかり思い出してみてください。

3.心から「ありがとう」と思えたら、本心が見えてくる

彼が過去にしてくれたことに対して、心から「ありがとう」と思えると、あなたの本心が見えてくると思います。

もし彼に対する気持ちが執着心だけだったとしたら、昔の彼に「ありがとう」と思えても、今の彼にはそう感じられないでしょう。それは、「昔の彼がくれていた幸せに執着していただけ」だから。別れを決断する材料の一つになるはずです。

そしてもし心から「ありがとう」と感じることで、より彼への想いが高まったなら、それはきっと、あなたの彼への気持ちがちゃんと愛情だからだと思います。これからもぜひ、彼を大切にしてください。

マンネリ期を打破するために、感謝の気持ちを言葉にしたり、したことのないデートをしてみたりと、工夫してみるのもいいと思います。またあなたが彼の大切さに改めて気づいただけでも、それが自然と態度に滲み出て、お二人の関係が良好になる可能性も高いと思いますよ。

おわりに

長年一緒に過ごしてきた彼と、この先どうするのか? 簡単に決められることではないと思います。よく考えて、悔いのない決断をしてくださいね。ハウコレ読者様の幸せな恋を応援しています!(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事