2018.08.14

「なんでわかってくれないの!?」彼氏とケンカしないためのイライラ解消法

こんにちは。沙木貴咲です。大好きな彼氏とケンカをするなんて、想像もできないかもしれませんが……どんなに仲良しカップルでも、気持ちがすれ違うことはあるものです。そして、付き合いが長くなり遠慮しなくなるほど、ケンカは起きやすくもなります。

彼氏に対してイライラしてしまう理由と、その解消法を考えてみます。

■共通点が多くても『完全に同じ』はありえない

好きなアーティストが一緒、仕事や興味のあるジャンルが同じなど、共通点が多いカップルほど、お互いを『同一視』しがちです。
あるいは共通点がそれほどなくても、交際期間が長いと“あうん”の呼吸でわかり合える場面が多くなるはず。恋人と一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、お互いの価値観や好みは自然と似てくるんですね。

好きな人に近づきたいとか、気に入ってもらいたい願望は誰にでもありますし、恋人に歩み寄ったほうが一緒にいて心地良いと、無意識のうちに察するのでしょう。

けれど、同一視のしすぎ、つまり『彼は私と同じ』という思い込みはキケンなんです。どんなに仲の良いカップルであっても、完全一致はありえません。絶対に違う部分があり、そこを見落とすとイライラが生まれてしまうんです。

■「彼は私と同じ」という錯覚が生み出すもの

彼氏は自分と同じという錯覚をすると、こんな思考が生まれやすくなります。

・彼は私が思ったとおりに行動するはず
・彼は私の予想に反することをしない
・彼は私を完全に把握してくれている

これらはもう、期待の域を越えて『押しつけ』というべき内容かもしれません。ここまでくると思惑が外れることが多くなり、「私のことをわかってくれない」「思い通りにならない」とイライラを抱えがちになるでしょう。

■イライラを彼氏にぶつける心理とは?

恋人とケンカしたい人なんていません。できれば衝突したくないと、誰だって思うはず。
なのにケンカしてしまうのは、イライラをぶつけて彼を自分の思い通りに動かしたいからなんですね。

男性は、彼女とのケンカを不毛と見なして、対等に張り合うより謝って早く終わらせたいと考える人が多いといえます。
そのため、思い通りにならない不満をぶつけて、彼氏がすんなり従うという経験が一度でもあれば、『イライラする→彼に言えばいい』という方程式が頭の中で確立するはず。女性側がケンカの元を作りやすくなるんです。

■イライラの解消法

恋人同士なら、遠慮しないで希望や不満を言い合うのが理想的。ですが、主張の根拠が「相手を自分の思い通りに動かしたい」であれば、うまくはいきません。彼氏にストレスを与えるだけで、反発されればケンカが起きてしまいます。
また、ケンカを繰り返すようであれば、交際そのものも続かなくなるでしょう。

自分と同じと思い込んでいた部分が違うとわかったとき、「そうなんだ、違うんだね。まあ、完璧に同じ価値観の人間なんていないしね」と、良い意味で割り切ることがまず大事です。イライラの解消につながるはず。

私は私。彼は彼、と考えて同一視をしないこと。彼の考えをシンプルに尊重し、自分に都合良く動かそうとしないように。「彼を変えたい」と思うこと自体、恋がうまくいかなくなる要因になります。

■『違い』は良い刺激になる

彼氏と自分の違いを見つけて、前向きに受け入れていく。
それができれば、そもそもイライラは生まれないでしょう。何もかも一緒だと安心はしますが、刺激に乏しい恋になってしまいます。

お互いの個性を認めたなら、「思い通りにならない」という理由でのケンカは起こらないはずです。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事