2018.08.14

【可愛いけど頭からっぽはヤバイ】本気モテのため、お家でできる女子力アップ方法

こんにちは、美佳です。
巷で言われる「女子力」。女子力といわれても、どこか抽象的で定義が曖昧というか……結局どうなれば、何をすれば女子力につながるの?って感じじゃないです? 

エステに料理教室に英会話に……と、やたらお金をかける女子もいるでしょうが、筆者的には「女子力」ってセルフケア(健康や美容もそうだけど教養や気品)がしっかりできている、身についている女子だと思うのです。誰かにしてもらうんじゃなく、自分で整えられてこそ、です。

それって、別にお金を変にかけなくても努力次第でどうにかなるんですよね。ということで、女子力アップにつながるあれこれを紹介しようと思います。

睡眠不足ではメイクのりがイマイチ…まずしっかり睡眠

美容や健康の点でいうと、まず大事なのは、高いスキンケア用品を使うよりもしっかり睡眠をとること。
どんなに素晴らしいスキンケア用品を使っても、寝不足ではせっかくのスキンケア用品の効果もイマイチというか……効果がはっきり出ないですって。

正直、寝不足の肌ではメイクのりもイマイチなはず。メイクノリが良くないとテンション下がりません? ついでにメイク崩れも起こしやすいですしね。美容や健康、メイクのためにもしっかり睡眠をとりましょうよ。出会いのチャンスを逃したくない!とばかりに夜中でも必死に遊んでたって、ガビガビの顔じゃあ意味ないです。

汚爪は清潔感ゼロ…ネイルケアは自分でも可能

素敵なワンピースを着て、お高いブランドバックを持っていても爪が汚かったら印象は台無しです…。
ネイルがハゲていたり、爪に汚れが詰まっていたり……そんな汚爪では清潔感は感じられません!素敵なワンピースやお高いブランドバックを買うのもいいですが、その前に自分の体の細部のケアを怠らないようにしたいもの。
ネイルブラシで爪の間を綺麗にしたり、バッファーで爪を磨いたり、トップコートを塗ってツヤを出すのもいいでしょう。

別にサロンに行かなくてもある程度は自分でケアできるはず。
清潔感がない女子は「女子力高い」とは言えませんから。定期的にネイルのケアをしてあげましょう

知性も大事。本を読む習慣をつけるのも素敵なこと!

見た目に気を使うのももちろん大事ですが、「見た目はいいけど中身は空っぽ……」となると魅力はイマイチ。

せっかくなら教養も付けたいところ。英会話を習いに行くでもいいですが、別に自宅で時間のあるときに興味のある小説や実用書を読むでもいいと思うのです。
今はスマホでも読めるので電車の移動中とか、防水ケースに入れて半身浴中に読むのもいいでしょう。

「本読んで教養つけるって言っても、正直モテに関係なくない?」と思う人は多いと思います。だからやってないんだろうな、とも思います。でも、それだともったいないです。

定期的に読む習慣をつければ、語彙力もそれなりにアップするはず。
語彙力がつくと、表現力と会話力の幅が広がります。となれば、言葉で遊ぶこともできるのでユーモアのある会話もできるかと。

魅力がある女子は人を惹きつけるトーク力がありますから。魅力的になりたいなら外見もですが中身も磨きましょうよ。

終わりに

女子力アップのために、やたらお金をかける女子もいますが……(まぁ、それもそれでいいと思うのですが)別にお金をそこまでかけなくても、意識をちょっと変えたり、小さな努力次第で自分は日々アップデートされていくかと思うのです。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
兼島彩香/モデル)
お多福/カメラマン)
上杉光美/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)

関連記事