2018.08.16

恋愛下手な女子が体質改善するために今すぐできる3つのこと

恋愛が上手くいかないときに解決法を探しているとよく目にするのが、「自分に自信を持ちましょう」というもの。たしかに自分のことをちゃんと好きでいる女子は誰の目にも輝いて見えるし、失敗することがあってもすぐに前に進めます。

でも、いざ「自信を持ちたい」と思っても具体的にどうすればいいか分からないことも多いですよね。自分への自信というのは積み重ねていくもの。今回は、毎日少しずつできる具体的な方法をお伝えします。

小さな「好き、やりたい、ほしい」を見つける

自分に自信が持てない人は、まわりの意思を優先することがとても多いです。友達といても彼氏と一緒でも、自分の気持ちはいつも後回し。でも、それではいつまでたっても「自分の軸」を持てません。どんな小さなことでもいいので、まずは自分が「好き」だと感じるもの、「やりたい」こと、「ほしい」ものを見つけて優先させる練習をしましょう。

たとえばお店のメニューを選ぶとき、まわりを気にせず「これが食べたい」を選んでみる。友達との旅行先でお買い物か観光か選ぶとき、まず自分が「観光したい」と口にしてみる。友達の評価や口コミがよくなくても、自分が「ほしい」と感じたものを買ってみる。自分のそうした小さな「好き」を意識して過ごしてみると、今までいかに他人の「好き」を優先していたかに気づきます。

わがままになるのでは?なんて心配はいりません。なぜなら意見を「通す」必要はないからです。「ラーメンが食べたい!」と言ってみて「えー、パスタにしようよ」と返されても、それはそれで大丈夫。自分の「ほしい」が否定されても、あなた自身が否定されているわけではないんです。まずは自分の「こうしたいな」という気持ちを外に出すことが、自信をつけるための第一歩です。

どんなときも自分を褒めてあげる

自分を好きでいられる人が共通して持っているものがあります。それは、誰がなんと言おうと自分は大丈夫、という根拠のない確信です。そういう人って、失敗したり落ち込んだりしても、自己嫌悪には陥りません。自信のない人ほど「自分はダメだ…」と責めてしまいます。まずはこの悪習慣から抜け出しましょう。

今この瞬間から、自分を責めるのは禁止です。仕事やお店選びに失敗しても、好きな人に変なLINEを送ってしまっても、「ああダメだ」なんて思わないでください。「こっちが正解だった」と学んだら、あとは「よく頑張ったね」と自分を褒めてあげるだけ。頑張りやさんのあなたは「でも…」という思いをすぐに消すのは難しいかもしれません。思っていることと違っていても、まずはOKです。失敗だったけど、その時はベストな判断だった、よく頑張ったね。褒める「フリ」でもかまいません。落ち込むことがあったら、その都度「自分を責めていないかな?」心に問いかける習慣を作りましょう。

「できない、分からない」と言ってみる

「できない」ことを「できない」と言えないのも自信がない証拠です。できる自分、分かる自分でなければ価値がない、と無意識に考えてしまっているのです。今まで「勉強ができる、スポーツができる」という「能力」を重視する環境にいたのかもしれませんね。でも、人の「能力」って、その人自身ではないんです。まずはその事実に気づきましょう。

仕事でも頼まれごとでも、できないなと思ったら「できません」と勇気を出して口にすること。知ったかぶりをするのも自信がない人の特徴です。分からないなら「分からない」と言っても誰もばかにはしません。「これ今日中にできる?」と聞かれても残業ができないなら「できません」と答えてもいいのです。相手は尋ねているだけで、「できないとダメなやつだ」と言っているのではないですよね。明日の朝までならできます、ここを省けばできます、と「できない上でどうするか」を考えればそれでOK。

自分の能力を大きく見せてもしんどいだけです。「これ流行ってるの知ってる?」なんて友達に聞かれても、知らないなら「知らない」って答えてみましょう。たったそれだけで、だんだん自分の「能力」とは関係のないありのままの自分に自信を持てるようになります。

まとめ

恋愛下手な女子は、つい好きな人に意見を合わせたり、彼氏の愛情量に依存したりしてしまいます。自分を好きになれないと恋愛もやっぱり上手くいきません。とはいえ自信を持つのは簡単なことではないですよね。でもだからこそ、小さなことでも自分の本心に目を向けて、それをすくい取ってあげる習慣が必要なんです。

好き、よく頑張ったね、できません。本当にそう思えなくても、まずは声に出してみましょう。ほんとにそんなことで?と感じるかもしれません。でもこの方法、意外と効果はあるんです。繰り返すことで「自分を優先させていいんだ」という感覚がだんだん染みついてくるから。毎日の積み重ねを忘れずに、ちゃんと自分を好きになれば、恋愛は見違えるほど上手くいきます。(矢野ふみ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事