2018.08.18

恋の夜活はじめてみない?ふたりの仲を深める「真夜中のお散歩」のススメ

どうも、あかりです。
毎日暑い。これじゃデートもはかどらない。涼しいところはどこも混んでる。涼しいところに歩いていくだけでもバテちゃう。そうすると、どうしても「お家でいっか」となってしまいがちだけど、お家にずっといるのも少し退屈。

そんな今の季節は、真夜中のお散歩がおすすめです。夜になると涼しいし、汗もかきません。それから、単に「涼しいよ」というだけじゃなくて、夜のお散歩には、カップルにとってラブラブを深められるヒントがたくさん。

今日は、そんな「真夜中の散歩」のススメです。

■夜12時ごろ、抜け出そう

おすすめな時間帯。それは住んでる街、駅にもよるのだけれども、例えば私が住んでるところなら、夜12時ごろ。終電がなくなって、駅前にある繁華街がガランと静まり返るタイミング。

いつもはたくさんの人でがやがやにぎわっているあの場所が、こんなに静かに。そこをふたりきりで、手をつないで歩く。
なんか世界にふたりだけしかいなくなったみたい。
そんな馬鹿げた妄想が浮かんでくるほど、真夜中のお散歩は想像を超えてロマンチックです。

■持ち物は鍵だけ

どこにいくのにも、スマホを手放せない。いつしかこうなってしまった私たち。財布は忘れても、スマホだけはちゃんと持ってきた、なんてことはザラです。

大好きな彼とのデート。そんなときでも、スマホなしではお出かけできません。だって、電車も調べなくちゃいけないし、それこそ彼と待ち合わせをするのにタイムリーな連絡はマストですから。でもそのせいで、「デート中に届いたLINEやSNSを見てしまう」という弊害が、副作用が生まれてしまいます。

だから私は、真夜中のお散歩のとき持っていくのは鍵だけ。スマホフリーで彼と本当の意味で「ふたりきり」、誰も邪魔できない。そういう時間を作り出せるのが、そのメリットです。
スマホがないと、良くも悪くも、ふたりで話すことしか楽しみがありません。そんな環境に身を置くと、話したいことが溢れてくる溢れてくる。

「私たちって、こんなにトークだけで盛り上がれたんだ」と少し驚いてしまうほど、会話に素敵な花が咲きます。

■「いつも見えるあの場所」へ

私の家のベランダからは、少し遠くに、みんなが知ってるあのランドマークが見えるんです。
元気がある日のお散歩は、ちょっとだけ時間をかけて、足を延ばして、そのランドマーク目指して彼とひたすら歩く。

もちろんスマホはお家に置いてきてしまっているから、地図アプリなんて使いません。ただ遠くに見えるそれが近づいてくるのを感じながら、勘で歩くのだ。
別に近くに行って何をしたいわけじゃありません。ただ、ふたりきりでする遠足みたいで、楽しいんです。

みなさんも、窓から見える何かがありませんか? それを目指して今夜は彼と一緒に歩いてみましょう。

■会話も夜闇のようにディープに

夜遅くにお散歩をしているとき、ふと、真面目な話になることがあります。

街の静かさがそうさせるのか、夜の暗さがそうさせるのかわかりませんが、出会った頃にお互いどう思っていたのかとか、今、相手のことをお互いどう思っているのか、将来ふたりはどうなっていくのかという話とか、そういう、昼間のにぎやかなムードのなかでは、少しこっ恥ずかしくてできないようなディープなお話が。

そういう話が自然と生まれるいいきっかけになるのも、真夜中のお散歩の素敵なところなんです。

■おわりに

私がこれを始めたのは、ある時、終電で自分の住んでる駅に帰ってきて、そこからお家に向かって歩いているとき、あるカップルがまさにこの真夜中のお散歩をしていて、しかもそのふたりが、とても素敵に見えて、それに憧れたから。「いいなぁ、あんなふたりになりたいなぁ」って。

今、私がそうなれているのかはわかりませんし、私と彼がお散歩しているのを見て、誰かが「いいなぁ、あのふたり」とかつての私と同じように思ってくれているのかもわかりません。
でも、この記事を読んで、「おーい、あかりー! あんたに言われて真夜中のお散歩やってみたけど、結構よかったぞー!」って思ってくれるのならこれほど嬉しいことはありませんし、そういう瞬間のためにハウコレをやってる。でも、「あかり」って呼び捨てすんなよ!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事