2018.08.21

「ポジティブなら全部うまくいく♡」は甘い!実恋愛上手だけが知る上級テク

こんにちは。沙木貴咲です。恋をするなら、ネガティブでいるよりポジティブでいたほうが良いと思います。けれど、ポジティブシンキングだけですべてがうまくいくわけでもありません。気持ちは落ち込まずにいられるでしょうが、それは必ずしも恋愛の成功につながるわけではないんです。

ポジティブに『何か』をプラスさせることで、好きな人と恋人同士にはなれる確率はグンと上がるでしょう。

■やっぱり必要!テクニック

「自然な流れで恋人同士になる」とか、「ありのままの私を彼に受け入れてもらう」といった展開で恋が実れば素晴らしいですが、あくまで理想論。
何もしないで好きな人と結ばれるというのは、かなり珍しいパターンです。

やっぱり最低限のテクニックは必要で、いつ・どんな風にアプローチするのか、最適な条件で狙うことが大事です。

たとえ彼と職場が一緒で毎日顔を合わせるとしても、彼と二人きりになれる偶然はそうそう訪れないはず。距離を縮めて関係を進めるには、自分からそのきっかけを作る必要がありますよね。

■どんなテクニックが必要?

じゃあ、恋を成就させるために必要なテクニックは何か……小悪魔的アプローチ術でしょうか?あるいは、一対一でずっと楽しくおしゃべりを続けられる会話術?

確かに、そういったものも大切ですが、大前提としてつねに踏まえておきたいのは、今後起こりうる障害・トラブルを予想して、対策を立てておくことです。

たとえば、何もしないでいると誰かに彼を取られるかもしれないから、早めにアタックしたほうがいいとか、彼と急にホテルに行くことになった時、ムダ毛があったら困るから、今のうちにエステで処理しておくべきなど、とにかくすべてに応用できます。

恋愛を成就させるうえで、この考え方はポジティブシンキングと共に欠かせないんです。
恋愛の進展を妨げるトラブルが想定できれば、何が起きてもそれほど動揺しませんし、精神的な余裕も保てます。また精神的に余裕があると、正しい判断ができるでしょう。つねに最善を尽くすことができるんです。

■妄想ではなく、現実に起こりそうな展開を予想する

恋をすると、頭の中にはいろんな思いが浮かんできます。「彼とこんなデートがしてみたい」「彼とはこんな恋人関係を築きたい」という希望に基づいた妄想もあれば、「明日、彼と二人きりで話せるけど、何を話そうか?」という想像もあるはず。

この妄想と想像はまったく別物で、ありえない展開さえ思い描ける妄想はとても楽しいのですが、具体的に好きな人との関係を進めるきっかけにはなりません。

確実に恋を進展させるなら、現実にそった想像をすることが大事。実際に起こりうる展開を予想すると、その過程で『想定されるトラブル』と『彼との距離を縮めるチャンス』が見えてきます。

恋に落ちると好きな人のことで頭がいっぱいになってしまう……という人ほど、妄想と想像をキチンと区別することが大事。現実的な想像から、恋のゆくえを想定する、対策する。そんなテクニックが、ポジティブシンキングと同じくらい必要なんです。

■ポジティブであることは大前提

『現実的な思考で起こりうるトラブルを予想して回避する』というテクニックは、ポジティブでいることが大前提で活用できるものです。
ポジティブシンキングができないと、最悪の事態を想像したとき、不安に潰れてしまうかもしれません。アプローチしたほうが良い場面で怖気づき、何もできなくなる可能性も……。

ポジティブでいることはやっぱり大事。そしてそこに、現実的な予想と対策というテクニックが加われば、鬼に金棒なんじゃないでしょうか。
好きな人との関係を確実に進展させていけるはずです。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事