2018.08.22

結局、男女の友情は成立するのか?しないのか?

「男女の友情が成立するのか」問題は、男女関係において永遠に取り上げられるテーマですよね。実際、ハウコレ読者の皆さんも、「成立する派」と「成立しない派」に分かれるのではないかと思います。

そこで今回は、永遠のテーマである男女の友情について、ちょっと変わった切り口から考えてみたいと思います。

・セックスしたら友達じゃなくなるのか?

さて、そもそもみなさんにとって「友達」とは何でしょうか?どちらかが恋愛感情を抱いたら友達ではなくなるという人もいれば、付き合うまでは友達だと定義する人もいるかと思います。

この、「どこまでが友達」というのは、「どこからが浮気」というのと一緒で、人によって定義が異なります。男女の友情問題というのはここがミソであり、「友達」と「恋愛相手」という定義を統一しない限り、一概に成立するもしないも言い切れないのです。

だから、何かの勢いで男友達とセックスをしたとしても、それだけで男女の友情が壊れることはありません。セックスをしたという事実に、男と女それぞれの考え方や感情が混ぜ合わされた結果、それまでの関係を続けることができるかどうか、またそれを友達と呼べるか呼べないかが当人同士の間で決まるのです。

・「成立しない」と考えるに至った経緯は?

現状の恋愛がうまくいっていない人に「成立しない派」が多いのは、そこに男友達も恋愛の候補としてとっておきたいという意識が働いているからです。

また、過去の経験やトラウマによって「成立しない派」に属しているケースも多いもの。例えば、過去に自身が「絶対に恋愛には発展しない」と思っていた男友達と恋に発展したり、彼氏が女友達と浮気をした…なんて経験があると、その後の恋愛でも男女の友情を成立しないと考えるようになるのです。

あなたが「成立しない派」なら、きっとそう考えるに至る潜在意識や過去の経験があるはず。成立しないと考えるようになった経緯を知る・考えることで、今後の恋愛や人間関係に生かせるかもしれませんね。

・結局、男女の友情は成立するのか?しないのか?

やはり、男女の友情というのは証明が非常に難しいもの。友達や恋愛の定義づけを周囲と完全に統一することは不可能に近く、しかも友情と恋愛に大きく関わる「感情」は信憑性のふり幅が大きい「言葉」でしか表現できないからです。

そのため、実際に男女の友情が成立するかしないかは置いといて、あなた自身が成立すると思っていなければ男女の友情は成立しません。

もちろん、成立する派・しない派のどちらが偉いわけではなく、これからの経験で考えが切り替わることもあるでしょう。大切なのは、世の中には自分と同じ考え方の人もいれば、異なる考え方の人もいるんだな、と心に留めておける余裕を持つことなのです。

・おわりに

筆者には成立する派・しない派両方の友人がいますが、中にはその両方をコロコロと切り替えるという技を持っている子がいます。その子は、彼氏がいて男友達と遊ぶときには「ただの男友達だから大丈夫」と言い、彼氏がいないときには「男友達のAって結構タイプかも」と言っていたりします。

その子に「男女の友情って成立すると思う?」と聞いてみたところ、こう言っていました。「友達でいたいと思う人に対しては友情を成立させるし、異性として魅力的なら友情は成立させない」と。

要は、意識ではなく意志の問題。「するかしないか」ではなく、「させるかさせないか」という強い意志さえあれば、この男女の友情問題についての議論は不毛以外の何物でもないでしょう。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事