2018.08.26

上手に彼を、けしかけて♡好きな人にそれとなく想いを伝えるテクニック

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。好きな想いを直接伝えたい!でも断れたらどうしよう。そんなモンモンとした悩みを抱える女子の皆さんに、それとなく好きな男性への想いを伝えるテクニック伝授します。勘のいい男なら、自分のことが好きだなと思いますよ。

1.ミッションの整理

今回のシチュエーションを整理しておくと、彼もあなたのことを100%ではないまでも、高い角度で好意を持ってるという設定。全く好意をもたれていない場合は、今回のコラムは参考にならないかもしれません(笑)。つまり、「いい感じっぽいけど、まだ付き合ってない」という状況だと思ってください。それをふまえて今回のミッションは、好意をもつ男性に「○○さん俺のこと好きなんだ。だったら俺から告白しよう」と行動させることです。

2.会えるの楽しみにしてるね。

彼とのデートの約束が決まったときや、デートしたあとの余韻をLINEで伝える時に使う「来週、会えるの楽しみにしてるね。」「また会えるの楽しみにしてるね。」のお決まりフレーズ。これだけだとちょっとパンチが弱くて相手に好きだという気持ちは伝わりにくい。このフレーズに「理由」を足してあげてください。例えばこんな感じです。

彼:「デート楽しかったね。ありがとう」
あなた:「私も、すごく楽しかった。○○くんといるとすごく元気になるから、また会えるの楽しみにしてるね。」

ここでは、ほんのちょっと「元気なるから」という理由を付け足すだけで、あなたの「好き」という気持ちがわかる、男が喜ぶレーズになるわけです。

3.○○なところが好き

これは僕の提唱する、男女ともに使ってほしい定番テクニック「間接的LIKE」。直接的に「好き」は伝えづらくても、「○○君の優しいところが好き」「○○君の気が効くところが好き」のように、内面の部分に絞って好きと表現するのは案外口に出しやすいもの。更に高度なテクニックなら「ジェットコースター」をくわえてみると効果大です。「○○君、一見、チャラく見えるけど知れば知るほど真面目で優しいよね。」のように、一瞬、外見のマイナス部分をディスりながら、内面のプラスポイントを褒めるという急降下フレーズは男としても、とても嬉しいものです。しかも、おせじっぽさもなくなるので、余計に響きます。

4.テンポよく

彼からのLINEに対するレスを意識して早く返すことから。よくかけ引きで、彼のLINEに対して返信を遅くして不安にさせるという話もありますが、これは完全にあなたが彼より優位に立ってる場合にやっていいこと。今回の場合は彼に好きという気持ちを間接的に伝えるわけですから、レスを早く、テンポ良く返すことで、彼に「あなたに釘付け」をアピールすることが大事なんです。

おわりに  

今回紹介したように「好き」を間接的に伝えて、相手に意識させるということはそれなりのテクニックが必要。言葉を使ったコミュニケーションをもっと勉強すれば、恋愛もきっと上手くいくと僕はいつも思っています。恋したいけど傷つきたくない!というのは、当たり前だと思いますし、彼からアプローチしてきてほしいというのが本音でしょう。 自分から言わず相手から告白させること。ぜひ、頑張ってみてください。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事