2018.08.26

いくら外見を磨いても「恋愛ブス」のままじゃ愛されない


恋は、女を美しくもブスにもする

「恋をするとキレイになる」などと言いますが、逆にブスになってしまう女もいます。
キレイになれる女は、彼にもっと愛されるよう努力を惜しみません。ずっと惚れられるためにシェイプアップを心がけたり、自慢の彼女になれるよう美しさに磨きをかけます。
もちろん内面磨きも忘れません。彼といつまでもいい関係でいられるよう、上手に愛情を伝えます。

対してブスになる女は「彼に愛されているか」探ってばかり。LINE の返事が来ないだけで「嫌われたかも」と落ち込んだり、自宅デートばかりだと「カラダ目的なのでは?」とむやみに疑ってしまったり、他の女性と連絡を取っているだけで嫉妬してしまいます。

さぁ、あなたはどっち?

「恋愛ブス」あなたは大丈夫?

恋愛ブスは、彼を好きな気持ちが大きくなりすぎて、自分を見失ってしまいます。
本来、恋人同士は対等な関係です。受け身で愛されることばかり考えるのではなく、自分が彼にいろんな愛情を与えることで深く結びつき、いい関係に進化してゆくのです。

「愛情の伝え方」について、考えたことはありますか?
「伝えたくても、彼が忙しくて」と思っているうちは、まだまだ愛情不足。

愛情は、適切な形で伝えなければ、相手に伝わりません。ただ「好き好き」と愛情をぶつけるだけでは、単なる愛情の押し売りです。

忙しくてなかなか会えない彼なのであれば、負担にならない程度にメッセージを送るとか、 会えない間に彼が喜びそうなデートの企画を考えるとか、できることはたくさんあるはず。

究極、何もできなければ「見守る」のも、ひとつの愛情です。少し連絡が取れないくらいで不安になったりするのは、むしろ彼にとっては負担でしかありません。どうせなら、忙しい隙間を縫ってでも会いたいと彼に思わせるくらい、あなたはあなた自身の生活を充実させましょう。

美人より愛されるのは「最高の女」

どうすれば「会いたくなる女」になるのか、 答えは簡単です。彼にあなたの日常をさり気なく知らせればいいのです。

「会えない時間にやっていること」は、いくらでもSNSで見せることができます。

彼の好物がカレーであれば「世界一美味しいカレーが作れるようになった!」と写真をアップしたり、何度も試行錯誤を重ね練習している様子をアップしてみましょう。SNSで繋がっていれば、仕事の息抜きに彼も見るはず。自分の好物を練習している光景をみれば、きっと微笑ましく思うでしょう。

次の連休のデートプランを考えたなら、LINEで提案を。AプランBプランとバリエーションを作ってプレゼンすれば、彼も連休が楽しみになるはず。

もちろん彼一色の日々を過ごすのではなく、毎日仕事を頑張ったり、習い事や勉強に精を出すのも大切な時間。資格を取ったり、作った作品を撮って見せたり、会えない間もどんどん進化を遂げるあなたを知れば「早く会いたい」と思わないはずがありません。

まとめ

むやみに不安になったりマイナスの感情ばかりが浮かんでしまうのは、ヒマな証拠です。
毎日彼のことを考えてしまうのであれば、起こってもいないネガティブな未来を想像するのではなく、もっと仲良くなれる未来を描くことに意識を集中して。

そのために何をすればいいか考え、できることからやってみること。ポジティブな考え方にシフトする一番の方法は、行動することです。

彼がいることで毎日が楽しくなる……その気持ちがあなたをキレイにします。
くれぐれも恋愛ブスにはならないよう、もっと恋愛を楽しみましょう! (島田佳奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事