2018.08.31

今の彼氏と結婚したければタイミングを逃さないこと

じつは男子って、いつでも結婚したがっています。結婚したらいつでもエッチできるから結婚したい――20歳くらいの男子だと、こういうふうにしか思っていないかもしれないけれど、でもこれだって男子が結婚したがっている理由になります。もっともこのケースは結婚ではなく同棲に収まることもよくあるわけだけれど。

■だから彼はあなたとの結婚を躊躇します

男子ってマザコンだとよく言われますよね。マザコンというのはつまり、女性的なものを絶えず求めている、つまり家庭的なものに囲まれていたいという気持ちのことで、だから男子は常に結婚したがっていると言えるのです。
でも、男子がいつでも結婚したがっているにもかかわらず、女子は「彼氏がなかなか結婚してくれない」と悩んでいたりしますよね。彼がなかなか結婚してくれない理由は2つあります。

いつでも結婚したがっている彼は、「まだ結婚しないで遊びたいと思っている女子」のことが苦手です。結婚してから遊ばれると彼は家庭的なものを味わうことができないから。

女子の中には、結婚したいと思いつつも、心の片隅で「でもまだもうちょっと遊びたいなあ」と思っている人もいますよね。その気持ち、彼に言葉にして伝えていなくても、彼はちゃんと感じとっています。

だから彼はあなたとの結婚を躊躇します。躊躇していることを正直に彼女に伝えればいいものを、彼らはそういうことはしません。単純に「結婚?したいようなしたくないような」と言って、彼女を困らせます。

■あの時の彼女とは結婚しなかったのですが

2つ目の理由は、彼が自分の人生を自分でどうすればいいのかわからないからです。
40歳も過ぎて過去を振り返ると、「あの時の彼女とは結婚しなかったけれど、結婚していても結果として同じことだったかもしれない」と思うことがあります。ただ「あの時」は、自分がホントに結婚してもいいのか、今結婚しちゃマズイのか、自分でよくわからなかったから、あの時の彼女とは結婚しなかったのですが。

でも思うんですが、自分がどうすればいいのかわからない彼も、彼女に「はい、結婚するよ」と、腕をグイッと掴まれて結婚へと引っ張られたら、きっと結婚します。

彼はおそらくあなたにこう言うでしょう。「結婚?してもいいけど、おれの稼ぎ少ないよ?」と。その時あなたは彼に言うのです。「わたしも働くからお金のことが問題なのではない」と。あるいはこう言うでしょう。「おれ、今の仕事が好きじゃないからいつ辞めるかわからないよ」と。そしたらあなたは「辞めたら別の仕事を探せばいいじゃない。わたしだって今の仕事をいつまで続けたいと思っているのか自分ではわからないのだから」と。

■結婚のタイミングって、彼氏がいる女子にとってはつねにあります

結婚のタイミングって、彼氏がいる女子にとってはつねにあります。いつでもタイミングです。そのタイミングを逃さないようにしようと思えば、まだ遊びたいと思っているのか、もう遊びはいいから家庭に落ち着きたいと思っているのか、まずは自分で自分の気持ちを明確にすること。そして遊びはもういいのであれば、生き惑っている彼の腕を強引につかんで結婚へ走ることです。若い頃の「自分がなにをすればいいのかわからない病」って、誰かに強引に腕を引っ張られないと治らない病でもあるのだから。

(ひとみしょう/文筆家)

『今夜はちょっと、恋の話をしよう』
(ハウコレ編集部)

関連記事