2018.08.31

話してくれて、アリガトね。男子が大歓迎な彼女からの「ここだけの話」

どうもあかりです。

「実はね」「君だから話すけど」「内緒ね」
これはどれも男子の大好物。ようするに男子は、彼女から「ここだけの話」をされることが好きです。理由は言うまでもありませんが、そのカミングアウトに自分に対する信頼や深い愛情を感じることができるからですね。

もしもみなさんが「言いたいけど言わないほうがいいかもと思ってる」「わざわざ言うような話でもないかな」と自分限りで閉まっておいている「ここだけの話」があるのなら、それをいっそ彼に共有してみたほうがいいかもしれませんよ?

1.好きになったきっかけ

「どういう経緯で、どういうタイミングで俺のことを最終的に好きになったのかみたいなのって実は男子がかなり気になってるポイントだと思う」(大学院生/24才)

これってたしかによく聞くけど、私なりの解釈はこうです。「どうやって好きになったか」「なんで好きになったか」って、結局、「なんで私が今あなたを好きか」のルーツであり、核になっている部分だと思うんです。例えば「他人に厳しいように見えて、実は困っている人には誰よりも優しかった」みたいなエピソードをきっかけに好きが芽生えたのなら、付き合った後も、きっと彼のそういう部分が一番魅力的だと感じているはずなんです。

また、シンプルですが、ふとした瞬間に「あ、かっこいい」と感じたことから気になり始めたのだとしたら、「かっこいい」というポイントも、もちろん「好き」のコアになってるはず。

だから、「これが好きになった理由だよ」と言われるのって、「改めて言いますけど、あなたのこういうところが一番好きなんだからね?」と伝えるのと同じで、だからこれを言われるのってとても嬉しいんですよね。

2.周りにどんなふうに伝えているか

「彼女が俺との関係をどういうふうに周りに話してるのかは結構気になる。彼女が飲み会とか行ったりしたとき、『ねえ、俺とのことは話したりしたの?』とか聞いちゃう、つい(笑)」(公務員/26才)

持論ですが、「彼とイイ感じだよ」というのを周りにちゃんと伝えられるということは、それだけいい関係という証拠です。逆に、周りから飲み会などで「最近彼氏とどうなの?」と聞かれて「いや、私の話はいいよ……」と話すのを敬遠してしまったり、愚痴ばかりを話してしまうようなときって、だいたい彼氏との関係があまり順調じゃないときだったりします。

たまに、そもそも彼氏がいることや、彼氏が誰かを伏せたまま付き合っている人もいますけど、そういう場合、よほど納得できる理由がない限りは、彼氏は「そんなに俺との交際を自慢できませんかね?」みたいな不満を抱えているものです。

「今日ねー、みんなにめっちゃ彼氏とのこと聞かれたから、めっちゃノロケてきちゃったよ(笑)」みたいなのって、意外に男子は大好物なんです。

3.昔にあったこと

「ちょっと重いのかもしれないけど、昔の恋愛とか人間関係とかであった嫌なこと、いわゆるトラウマ的なことを話してもらえるのは、やっぱり信頼されてる証って感じるし、そういうのを話しても大丈夫って思われるような彼氏でいたいよね」(メーカー/25才)

一番話しにくいことを、一番話しやすい存在。
これが恋人のあるべき姿だと私も思っています。

もちろん彼氏は「愚痴のごみ箱」ではないから、なんでもかんでも嫌なことがあったら彼氏にポイっではいけないけど、「昔の話とか、彼とは関係がないところで起きた話とかをしたらウザいかな」とか思う必要はないし、勝手に自分で遠慮していて、もしも彼が「そういうのを話してもらえる存在でいたい」と思っているとしたら、これほどもったいないことはありません。

だからせめてまずは、「ねえ、話したいことがあるんだけど……」と「少し深刻な話しますよー」と頭出しをしてみて、それで彼が「おう、どうしたの?」と聞く姿勢を示してくれるかどうかのチェックをしてみるのはいかがでしょうか。「やっぱりやめとこう」と遠慮するのは、そこで彼に冷たいあしらわれ方をしてからでも遅くありません(冷たくあしらう彼氏と付き合い続けるべきかという問題は別途生じますが)。

4.将来、こうなっていきたい

「結婚結婚言ってくるのはそりゃウザいと思うけど、そういうのって、いざというタイミングで一度くらいは彼の耳に入れておかないとと思う。そういうのって、彼氏が彼女とどういう方針で付き合っていくかの指標になるから」(ウェブ系/25才)

ゼクシィを買ってくるほど露骨であれば、そりゃ彼氏は煙たがるかもしれませんが、それこそふと真面目な話をする雰囲気になったときなどに「私はずっと一緒にいたいって思ってるよ」と伝えたとして、嬉しくない彼氏などいるはずはありません。

「将来の話をする彼女は重い」という考え方は、一部の真面目でない男子が自分たちに都合がいいように生み出した(間違った)一般論なので、これを信じて、その他大勢の男子がされて嬉しいはずの真剣な愛の告白をすることをためらわないようにしてくださいね。

おわりに

「ここだけの話」っていいですね。これをするたびに、ふたりがいかに特別な関係かを実感し合うことができるのが素敵です。

恋人なんだから、友達でも誰でも話せるような話題ばかりじゃなんなので、ふたりならではの、他の人に聞かれたら困っちゃうような「ここだけの話」を次のデートではたくさんしてみてはいかがでしょうか。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事