みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

2020.08.10

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた



こんにちは。HCファッション編集部です!

”女子ウケ服”とか”男子ウケ服”ってよく聞くけど、イマイチ分からない~。
結局どんな服を着るのが正解なの?

そんな女の子のために、男子ウケと
女子ウケそれぞれのモテポイントをまとめてみました♡
トレンド性
女子ウケには、流行を押さえていることが絶対条件です。

シンプルな服でも、トレンドの小物を組み合わせるなど、
男子なら気にしないであろう細かな部分まで、女子は見ているものです。
周りのお友達に「自分もマネしたい!」と思わせるつもりで服を選ぶことが重要です。

まずは、今年っぽい素材や柄を取り入れてみるだけで、大分印象が変わります。

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

例えば流行りの《ジャンプスーツ》はコーデを一気に”今っぽく”アップデートしてくれるアイテム。

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

今年のトレンド、《ワッシャースカート》♡
シンプルなアイテムとあわせて素材をアピールするオシャレ上級者さんコーデは、女子ウケ抜群です ♪

スタイルがよく見える服
どんなにおしゃれなコーデでも、スタイルが悪く見えてしまうのは絶対にNG!
女の子には、”スタイルが良い子”をうらやむ傾向があることを忘れてはなりません。
なので、女子ウケを狙うなら”スタイルアップ”を意識してコーデを作ることが大切です。

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

今期もトレンドの《ハイウエストパンツ》はこれ1着で”足長効果”が実現される、
スタイルアップ最強アイテムです。
今流行っているシアーシャツとあわせれば、より注目度UP♪

ヘアスタイルなども含めて、自分らしく工夫をすることが女子ウケへの第一歩です。
男子は結局のところ、女子に”女の子らしさ”を求めています。
実際に、男子に「どんな女子が好き?」と尋ねて、「男っぽい子がすき」と言う人は少ないですよね。

ならば、男子ウケを狙うときには、”女性らしさ”を演出できるコーデが
男子ウケコーデの正解だということになります。

適度な肌見せ

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

華奢見えとちょいエロを叶えさせてくれる《レースタンクトップ》を使ったコーデ♡
ヘルシーな肌見せで、デコルテ美もアピールできちゃいます♪

“女性にしか着られない服”というのが重要なポイントです。

”ライン見せ”で女の子っぽく

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

大胆な露出をするのではなく、ぴたっとしたシルエットの服で身体のラインを見せて、
色っぽさをプラスするのもテクニックの1つです。
”女性らしさ”を彷彿とさせるピュアな白のワントーンコーデは、男の子の本能をくすぐるはず…♡

ぴったりサイズのトップスやタイトスカートなど、”ぴたっとしたアイテム”は男子ウケの必需品。
個性的すぎず、”シンプルだけど女っぽい”が男子モテのキーワードです。
今までのポイントをまとめると、女子ウケと男子ウケの両方を狙うなら、
《トレンド》と《女の子らしさ》を兼ね備えたコーデを選べば良いということになります!

それでは、具体的に”男女モテコーデ”をいくつか紹介していきます。

トレンドトップス×ピタッとボトムス

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

今期のトレンド、”背中あき ”のトップスを盛り込んだコーデ♪
アップヘアとあわせると、爽やかかつセクシーな印象に。
夏らしいファッションアイテムを取り入れることで、
女の子からオシャレだねって言われること間違いなし◎

またトップスでトレンド要素を残したまま、ボトムを身体のラインが強調される
”ぴたっと素材”のスキニーやロングスカートとあわせれば、男子ウケ度がさらにUP♡

オフショル

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

人気の”オフショル”コーデ♡
実は、トレンドを押さえつつ、適度な肌見せ&おフェロをつくれちゃう男女両ウケアイテムなんです。
どんなボトムにも合わせやすいので、自分らしくコーディネートしてみてくださいね。

みんなが知りたい!女子と男子の「かわいい」の違いをまとめてみた

お友達との女子会にはトレンド性を重視した今っぽコーデでOK。
男の子とのデートには、肌見せ&ライン見せで色っぽガール風に仕上げるのが正解です♡
今回紹介したポイントを押さえて、男子モテも女子モテも両方叶えちゃいましょう!

(HCファッション編集部)


※写真は全て、権利者の許諾を得て使用しています。

関連記事