2018.09.07

見返して「かわいすぎる!」彼にカメラを向けられたら、どんな顔をしてる?

どうもあかりです。

彼女のことを一ミリも好きじゃないような愛情枯れ切ってしまった「しおしお」の彼氏や、スマホは持っているけどカメラの起動の仕方がわからない彼氏じゃなければ、それなりの頻度で、デートのときに「こっち向いてー」とカメラを彼女に向けているはずです。

で、あなたが彼氏にそうされて、いったい全体、本当にかわいい感じで写れてるのか?という問題があるんですよ。さすがに証明写真ばりに格式ばった感じでは写っていないと思うけどさ、単に30%くらいのスマイルに判で押したようなピースサインとか、まるで文化祭とか修学旅行とか、あんまり乗り気はしないけどとりあえず授業が休みなことだけは嬉しいですみたいな、面白みやかわいさやユニークさの欠片もないような感じで写っていないかいベイべ~(花輪くん風)?ということですよ。

デートのときに撮った彼女の写真なんて、絶対に後で彼が見返すんだから、「うわ~。めっちゃかわいい。やばすぎる……」って、写真を見た彼が思わずその写真を使ってオナニーしちゃうくらいのかわいさで写りたいじゃん(ちなみに彼女のかわいい写真でオナニーする男子はマジでいますよ)。オナニーまでさせられなくても、最低でも5回は見返すほど、かわいく写りたいじゃん。今日はそんなアイデアをご紹介です。

1.彼氏だからこそ、変顔いけ!

いきなりテーマとずれるようで恐縮ですが、私は、彼氏にかわいいと思ってもらうためにこそ、変顔をすることはとても大切だと思っています。せっかく毎回写真を撮ってくれているのに、どれもほとんど同じような表情で写っているというのは、とても残念なこと。

実際、男子に「スマホの彼女の写真見せて」と頼むと、まあ出てくるわ出てくるわ、金太郎飴みたいに同じ顔がたくさん。彼のスマホが、あなたの写真集だと思ってください。写真集を買って、全部同じ表情で写っていたらページをめくる手が止まります。少なくとも「もう一度見たい」とはなかなか思えません。

それに対して、「好きな人の変顔」というのは、それが「変」であればあるほどかわいく見えてくるという不思議な効果があるので、これは活かすべきです。もちろん「変顔」と言っても、女友達とプリクラでするような全力100%のガチのものじゃなくて、ある程度の手加減はしたほうがいいですけどね。

変顔は変顔だけど、自分のプライドは捨てきってない。あるじゃないですからそういうのって。それくらいが一番ちょうどよくて、一番かわいいんですよ。

2.ピース以外で

後はポーズ。冒頭でも書きましたが、まるで「ハイ、チーズ」という音を聞くと身体の形が自動的に直立ピースになってしまう「形状記憶合金」な彼女っていないと思いますから、もっといろんなポーズを試してみるべきです。全部ピースじゃ、見ていて飽きるねさすがに。

そこでおすすめなのは、写真を撮るその「場所」に関連したポーズにしてみることですね。
例えばレストランで料理と一緒に写るんだったら、料理をもって「アーン」と自分でやりながら撮ってもらったり、「今日のディナーはコチラ!」みたく料理を指さしてみたり。また、観光スポット的なところで、モニュメントとか像とかと一緒に写るんだったら、そのモニュメントなどのポーズを真似してみたりとかもかわいいと思いますよ。あとはそういうんじゃなくても、両手をバーンて広げてみたりとかなんでもよくて、とにかく「ピース以外」。これを意識するだけでもだいぶイイと思います。

3.めっちゃめちゃキメよう

先ほど、「彼のスマホが、あなたの写真集だと思ってください」と言いました。
この意識大事よ?

彼があなたの写真を撮るとき、あなたは彼にとってアイドル。このことを自覚しましょう。世界で一番かわいい人の写真を撮る。彼はそういう気持ちであなたにカメラを向けている。こう考えれば、「ぶりっ子したくない」とか「自意識過剰なのはちょっと……」とか思わず、ガンガン「キメ」の表情をしていくべきです。上目遣いとか、めっちゃ笑ったりとか、少しアンニュイな表情を見せたりとか、彼が「めっちゃかわいい!」と撮影しながらでも、あとで見返したときでもついこぼしてしまうようなキメ顔を、遠慮せずにどんどんやっていこう。

だって、彼はあなたのことを世界で一番かわいいって思ってくれる相手。あなたの最大の「ファン」なんですから、いくらでもぶりっ子していいし、というか、ぶりっ子すればするだけかわいいと思ってくれる相手にぶりっ子しないなんて、「じゃあ一体あなたはいつするの?」てなもんですよ。

おわりに

「彼女の写真」って、彼氏が、「今日は会えなくてさみしいな~」っていうときとか、「この前のデート楽しかったな~」とか、彼女のことを思い出すタイミングでふと眺めたくなるものです。
そんなとき、何枚スワイプしても、背景しか変わりませんみたいなのって絶対に嫌だし、彼女の写真眺めてたら気が付いたら1時間も経っちゃってたよ!みたいになるのが絶対にいいです。なのでこれからは、「はい撮るよー」とカメラやスマホを向けられたとき、もうちょっとだけ「いつもと違う感じ」「ぶりっ子な感じ」を意識してみたらいいんじゃないでしょうか。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事