2018.09.08

アラサー女性の後悔から学ぶ!20代女子が「やっておくべきこと」

20代のハウコレ読者の皆さん。「まだまだ若いし、時間は無限にある!」なんて思ってはいないでしょうか。
時間が経つのは本当にあっという間で、いざ30代になったときに20代という貴重な時間を無駄にしたことを悔やむ女性は少なくありません。
というわけで、今回は「アラサー女性が20代のうちにやっておくべきだったと後悔していること」についてインタビューをしてみました。
先輩たちの失敗を反面教師にして、華の20代を有効に活用しましょう!

報われない恋は早々に諦めるべきだった

「20代の頃セフレとの関係にハマってしまい、いつか本命になれるはず!とずるずる付き合っていた。ようやく別れを決心した頃には、周りは幸せな結婚ラッシュ。20代の頃、もっとまともな恋愛をしていれば私も今頃は…」(31歳/金融)

報われない恋に身をやつし、婚期を逃してしまったというアラサー女性。若い頃って「イケナイ関係」に魅力を感じてしまいがちですよね。

しかし、「なんであんな不毛なことに時間を使っていたのか…。」と冷静になる瞬間はきっと来るはず。望みのない相手との関係は早めに清算することをおすすめします。

もっと仕事に打ち込んでおくべきだった

「腰掛けOLのつもりで、結婚したらどうせ辞めるし…と真面目に仕事に取り組んでいなかった。それなのに今も独身で、給与も低く、転職しようにもスキルが無い。同い年のキャリアウーマンの友人を見ていると、自業自得だけど羨ましくてたまらない」(30歳/事務)

30代ともなれば、仕事でも周りと大きく差がついてきます。仕事のスキルは一朝一夕で身につくものではないので、遅れを取り戻すのにも時間がかかります。

寿退社するか否かは、実際に結婚した時に考えれば良いのです。とにかく20代のうちは、未来の自分に選択肢を増やしてあげられるような働き方をしましょう。

学生時代から付き合っていた彼との関係を大事にすべきだった

「美味しいレストランや高価なプレゼントなど、年上の男性とのデートの楽しさを知って、学生時代から付き合っていた彼を振ってしまった。今思えば彼ほど私を大事にしてくれる男性はいなかったし、バカだったなと後悔してる」(29歳/アパレル)

大人の男性と知り合うと、同年代の男子がいきなり子供っぽく見えてしまうことってありますよね。自分の知らない世界をたくさん見せてくれる年上男性に惹かれてしまう気持ちもわかります。

しかし、学生時代からの彼だっていつかは大人の男性になります。自分の成長、変化を知ってくれて愛してくれる人の存在というのは貴重。一度失うともう取り戻せなません。いっときの感情に流されずに一途に彼のことを思い続けられる女性でいたいものですね。

合コンや出会いの場に積極的に行くべきだった

「20代の頃は毎日のように合コンのお誘いが来たけど、出会いにガツガツしているなんてかっこ悪い!と思って、ほぼ断っていた。しかし、30代に突入してお誘いは激減。需要があるうちに積極的に参加して、つながりを作っておけば良かった…。」(32歳/IT)

30代になるとお誘いが激減するというのは、よく聞く話ですよね。もちろん女性の価値は若さだけではないですが、残念ながらこういった現実もあるようです。

30代になれば周りに既婚者が増え、合コンの催し自体が減るということを考えると、20代のうちにいかに交友関係を開拓できるか、というのがキモになってきそうですね。

20代はあっという間!先輩たちの言葉を糧に充実した毎日を

さて、アラサーの先輩女子たちの後悔に、どんな印象を受けたでしょうか。

「気をつけなくちゃ…!」と不安になっている女性もいるかと思いますが、それよりも心配なのは「私は絶対にそんなことしない」と余裕を感じているタイプの女性です。

アラサー女性たちだって、何も後悔しようと思って20代を過ごしてきたわけではないのです。

「自分だけは大丈夫♩」なんて思っていると、今回ご紹介した女性たちの失敗の二の舞になってしまうかも…!?

「後悔するような20代は絶対に送らない!」という強い意志を持って、30代になった自分が満足できるような充実した毎日を送ってくださいね。(ROI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事