2018.09.10

ブサイクジワ刻まれちゃう!ヒステリックな女に恋の神様は微笑まない

女性のヒステリーほど男性を戦慄させるものはありません。

普段どんなに可愛らしい彼女であっても、たった一回のヒステリーがあるだけで「とんでもないものを見てしまった。彼女の中には鬼が棲んでいる」と思い、別れたくなる男性も多くいます。

残念ながらヒステリーを起こす女性に恋の神様は微笑みません。びっくりするぐらい冷徹です。

(PMSは別にして)自分はちょっと怒りっぽいな、少しのことでイライラしてしまうな、と感じる人は要注意。

いつまでも「俺の彼女、超絶可愛いんだぜ」と言われ続けるために、ヒステリックにならないための方法を知っておきましょう。

甘いものの食べ過ぎを控える

怒りっぽい人は、ストレスを甘いものを食べることでカバーしようとしますが、これは逆効果です。

糖分を必要以上に取りすぎると、血糖値が上がりすぎないように、すい臓からインシュリンが分泌されて、血糖値をグッと下げようとします。そうすると今度は低血糖になり、血糖値を上げようとします。

この時に出るホルモンが、アドレナリンという「攻撃ホルモン」です。このホルモンの増加によって「キレやすく」なってしまうのです。

さらに糖分は体内で「糖化」という作用を引き起こします。この糖化は皮膚のたるみやシワ・くすみの大きな原因となります。

あなたが今日食べたチョコレートは、あなたはキレやすくし、あなたの皮膚にシワを作るのです。ね、怖いでしょう?

もちろん多少の糖分は脳の活動に必要ですから、摂らなすぎてもダメなのですが、1日一袋以上のお菓子を食べないように注意しましよう。

夜型生活をやめて、規則的な睡眠をとる

いつまでも眠らずにスマホを見続けていたり、休みの日などに外に出ず、ずっと家の中にいるような生活を続けると、脳の衝動を抑える働きをするセロトニンというホルモンが不足し始めます。

セロトニンが十分にある人は、イラっとすることがあっても、すぐに冷静に対応することができるのですが、セロトニン不足の人は、鬱っぽく不安になりやすくなり、とっさの衝動を抑えられなくなってしまうのです。

セロトニンは心を穏やかにリラックスさせる作用や、睡眠の質にも大きく関係してくるホルモンですから当然美容にも影響を与えます。

夜には風呂に入ってスマホを見ないでさっさと眠り、朝日をしっかり浴びること。一見、ヒステリーと関係ないことのように感じますが、心穏やかな性格を作るためにはとても重要なことなのです。

ヒステリックな女に恋の神様は微笑まない理由

このように、怒りっぽくヒステリックであることは、彼を怖がらせるだけではなく、美容にも悪影響を与え、さらに恋を遠ざける負のスパイラルを生み出してしまうのです。

これがタイトルに「ヒステリックな女に恋の神様は微笑まない」と記した理由です。

ところで上に紹介した二つは「キレにくくなる」ための方法ですが、そもそも「イラっとすらしなくなる方法」はないのでしょうか?

恋人への過度な「期待」をやめる

怒りという感情が生まれてくる根本の理由は「期待への裏切り」です。

「自分の気持ちをわかってほしい」、「恋人なのだから優しくしてほしい」など、彼氏に「期待」していることが裏切られた時、「イラっと」スイッチが入ってしまうのです。

ですからそのスイッチが入らないように、「自分の気持ちは伝えなければ伝わらない」、「恋人だからといって甘えすぎてはいけない」といった具合に、彼氏にかけている「期待」をできるだけ減らすことが効果的です。

期待しない、というと冷たく聞こえるかもしれませんが、期待しない、という行為は愛情がなければできない行為なんです。

愛しているからこそ、彼には多くを期待せずに、自分から変わっていこうと思えるのです。

あなたが彼氏に「イラっ」とする瞬間、そこにはあなたが彼氏に期待している「何か」があるのです。

もし、その期待に気づけたら、その期待をやめてみてくだい。そうすると、恋の神様がびっくりするぐらいあなたの味方になってくれるのを感じるようになりますよ!(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事