2018.09.17

「もうちょっとなんとかならない?」彼のファッションを自分好みに変える方法

ハウコレ読者ならもちろん自分のファッションにはそれなりのこだわりを持っているはず。では、彼のファッションはどうでしょう?

「ウッ、そこは聞かないで」と思うことなかれ。「もうちょっとなんとかならないのか?」と思う彼のファッションを自分好みに変えて行く方法はきちんとあります。

しかも、彼がファッションに疎ければ疎いほどその効果は高いです。

ファッションを変えるのがめんどくさい男性の心理

これは僕自身がまさにコレなので、あなたの彼氏の気持ちは痛いほどよくわかります。

僕は幸いにして仕事で人前に出ることがあるので、なんとか無理やりファッションに気をつけるようになりましたが、仕事じゃない時のファッションはかなり雑です。

ファッションに頓着がない男性は、とにかく機能性重視です。見た目よりも動きやすさと快適性を求めています。

多少ダサくても気にしません。大事なのは「使いやすいかどうか」なのです。

大事なのは「コレ『も』似合うんじゃない?」という姿勢

ファッションに頓着がない男性にやってはいけないのが、「それ似合わないよ」「こっちの方が絶対いいって」というように現状のファッションを否定することです。

そもそも、そういう似合う似合わないって言われるのがめんどくさいから、利便性の方に意識を全振りしているのです。

そうではなく、あくまで「今のファッションもいいけど、私はこっちも似合うと思うな」というスタンスを見せること。コレが重要です。

ポイントは、今の彼が好んでいるファッションから外れすぎないこと。同じような柄、同じようなスタイルのもので、ちょっとグレードの高いものを提案しましょう。

そうすれば彼の方も、「お、いいじゃん」と比較的受け入れやすくなります。ちょっとずつ、ちょっとずつのマイナーチェンジが大事です。

新しい提案を受けたくれたら激褒めしてあげて

あなたの提案を彼が受け入れてくれたら、「いいね!」「すごい似合うじゃん!」「かっこいいよ!」ととにかくおだてて乗せてあげてください。

そうしたら高確率でまんざらでもない顔をしますので、そうなったらすかさず「〇〇くん、まだまだかっこよくなれるんじゃない?」と未来を少し妄想させる言葉を追撃しましょう。

「え、そうかな」と自信なさげな雰囲気だったら、「大丈夫!」とハッキリ言ってあげましょう。

それに慣れてきたら、ハイブランドのお店にいって、店員さんに全身コーディネートしてもらうのもオススメです。(店員さんのセンスが超大事ですが)

そこで彼女以外の第三者から「かっこいい」「似合ってる」と言われれば、彼も自身がつくはずです。

かっこよくなりたくない男性なんていない

ファッションに苦手意識のある男性は、過去になにかしらの理由でファッションを追求することを諦めた経験があります。

そこでかっこよくなることに自信をなくしてしまっている可能性が高いのです。

ですから、今の服からちょっとずつ変えていき、変わるたびにあなたが喜んで褒めていけば、「かっこよくなること」にだんだん自信がついていきます。

すぐには変わらないかもしれませんが、長い目でちょっとずつ育ててあげてくださいね(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事