2018.09.22

努力せずに幸せになりたい?…可能ですが3つだけ約束してもらえますか?

「モテたいし、オシャレだって楽しみたいし、ステキな彼氏と結婚したい!」、、、でも、時々そんな「がんばってる」自分に疲れちゃうことってありませんか?

確かに努力は必要です。それはこの世の中の真理。努力なくして成功し続けられた人なんていません。

ですが(社会的な)成功と、本人の幸福度は全く関係ないものだって知ってました?

そうなんです、幸せって努力しなくても手に入れられるものなんですよ。

幸せには「感じる心」が必要

インスタでキラッキラの写真を載せていてもプライベートはボロッボロという人もいますし、日々の生活は貧しくても毎日最高にハッピーだぜ、という人います。

国連などの世界の幸福度を調査した報告書などを読んでも、必ずしも国の経済力と国民の幸福度は比例しないことがよくわかります。

幸せを感じるかどうかは、社会的なステータスや経済力とは関係のない、その本人の「考え方」や人としての「あり方」が大きく影響しているのです。

つまり自分がどんな状態であっても「幸せ」だと感じられる心を持っているかどうか、それがとても重要なのです。そしてその心を持つのに、努力をする必要はありません。

では、一体どんな考え方を持っている人が幸せを感じられる心を持てるのか、今日からできる考え方を3つご紹介しましょう。

人様には迷惑をかけまくって生きる

日本においては特に、「人に迷惑をかけるな」という思想が強く根付いていますが、こんな一つも役に立たない考え方は捨てましょう。

この考え方が、「恋人にすら甘えられない」「私さえ我慢すればいいんだ」という自責の念を生み、甘え下手を助長させます。

ひいては「親のためにも早く結婚しなきゃ」といった周囲の目を気にした生き方を選択させているのです。

いいんですよ、迷惑をかけて。生まれた時にすでに母親に激痛を味あわせているわけですから、人間は生きているだけで迷惑をかけていると言っても過言ではありません。

自分ができないことはできる人に頼る、それが人の「繋がり」を生みます。その「繋がっている」状態=「頼れる人が身近にいる」状態が幸福には欠かせないのです。

迷惑をかけろ、というと誤解を招きそうですが、要するに「人様に思いっきり頼れ」ということです。

「あの子の人生」と「わたしの人生」を比べない

「どうしてあの子ばっかり」「いいなぁ、わたしの彼なんてさぁ」「友達の結婚式を素直に喜べない」そんな言葉を発していたら黄色信号。不幸な人生に片足突っ込んでます。

「比較沼」は底なし沼です。一度ひきずりこまれたら、窒息死するまであなたを苦しめますので気をつけて。

「あの子」と「わたし」は育った環境も違えば、持って生まれた素質も違います。同じような人生を歩めるわけがないのです。

「わたし」の人生の全責任は、親でもなく彼氏でもなく、わたしにあります。可愛いあの子も、あの子の恋人も一切関係ない、「わたしの人生」に集中すること。それが幸せな人の生き方です。

もし「周りから一目置かれたい」という気持ちがあるなら、「それって誰かと比べて、すごい自分でいたい」って心の底で思っているのかもしれません。

相手にどう思われようと気にしない

オリエンタルラジオの中田淳彦(あっちゃん)がとある番組でコンプレックスの解消法として「優(すぐ)れるな、異(こと)なれ」とプレゼンしていましたが、これは恋愛にも当てはまります。

嫌われることを恐れて優れよう優れようとすると、「彼女としてふさわしいわたし」が優先されて「わたしらしいわたし」が隅に追いやられます。

一時期は恋人からの寵愛を受けられて気持ちがいいかもしれませんが、絶対に長続きはしません。

人と異なっていいんです。人と違うのがあなたの魅力。その魅力にNOという人は、そもそもご縁のない人なんです。

あなたが彼好みの魅力に合わせるのではなく、あなたの人とは違うその魅力を「最高だね」と言ってくれる人を大事にしてくださいね。

努力せずに幸せになれる方法

・人様にはありがたく頼らせていただく
・誰かと比較せず、自分の人生を生きることに集中する
・嫌われることを恐れず、わたしの魅力を大事にしてくれる人と付き合う

以上の3つの考え方を今日から実践すると約束してください。僕と約束するんじゃないですよ?あなたがあなた自身のために、あなたの約束するんです。

これらの約束を守るだけで、あなたの人生の幸福度は今日からでもグンと上がります。

え?何から始めたらいいかわからないって?そうですね、まずは大好きな彼に思いっきり甘えてみることから始めてみてはどうでしょうか?(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事