2018.09.26

【それ、引かれてない?】脈アリかわからない段階でのNGアプローチ

こんにちは、美佳です。
好きな人と距離を縮める際、まず気になるのが脈アリか否かでしょう。脈アリとわかれば、ある程度積極的にアプローチしても大丈夫だったりしますが、脈アリか不明な段階で脈アリ時と同じようなアプローチというのは危険なもの…。

そこで今回は、脈アリかわからない段階ではしないほうがいいことについて述べたいと思います。

■長文LINEはもちろん、疑問文ばかりも重い

これはもはや当たり前ですが、画面いっぱいの長文LINEというのはウザがられやすいです。脈アリでも長文LINEは際どいところですが、情状酌量的にセーフだったりもするところ、脈ナシなら完全NGと言えます。

「長文LINEがNGなことぐらい知ってるって!」という方に気をつけてほしいのですが、質問ばかりのLINEも控えたほうがいいです。

片思いの時、彼とずっとLINEのやり取りがしたいからと、すべてのLINEに「〇〇君は休日なにしているの?」「〇〇君って好きな食べ物なに?」等、疑問文を入れる女子もいるかもしれませんが、毎回疑問文って終わりが見えないので、『えー、また疑問文…』とうんざりしてしまうこと確実。
たまに疑問文ならいいですが、質問攻め状態というのはひどい場合にはのちに既読スルー(や、未読スルー)になるので、脈アリかわからない段階では疑問文ばかりはやめたほうがいいです。

■彼の休日を狙ってしつこく食事に誘う

本当に彼のことが好きだと、彼の休日に一緒に過ごしたいと思いません?もちろん両思いなら、彼の休日に「映画行かない?」「食事行かない?」と誘ってもOKはもらいやすいでしょうが、脈アリかわからない段階で、彼の休日ばかり狙いデートに誘うというのは微妙…。よほど予定がなく暇なら誘いに乗ってくれるかもしれませんが、男子次第では『なんでこの子俺の休日ばっかり誘ってくるの?休日はゆっくりしたいのに…』とウザいと思われることも無きにしも非ず。

彼のことが好きすぎると『休日は他の子とデートとかしてるのかな?』と変な妄想から不安になり、彼の仕事後の時間よりも休日が欲しい!と欲が出る子もいるはず。
けど、、脈アリかわからない段階で彼の休日が欲しいというのはわがままに近いので控えたほうがいいですよ。両思いなら可愛いんですけどね。

■必要以上にSNSでからむ

好きな彼とSNSで繋がっている女子もいるでしょう。けどSNSの使い方一つで避けられてしまうこともあります。

嫉妬と独占欲が強い上、行動力のある女子の多くはSNSで片思いの彼に絡みがち。脈アリとか付き合っているのならいいのですが、脈アリかわからない段階で必要以上にSNS上で彼に絡むと『なんか、この子しつこいんだけど…』と引かれることも。

SNSって彼だけじゃなく彼と繋がっている他の友達も彼のタイムラインが見れますよね?彼が何か投稿するたびにあなたが絡めば『あ、この子また〇〇君に絡んでる…』と彼と繋がっている他の人も気づきます。

彼があなたからの絡みを嬉しく思っていない場合、あなたに見えないように投稿するか、投稿の回数自体減るか……最悪あなたをブロックするかでしょう。

SNSで絡みたい、他の女が寄り付かないようにしたい、という気持ちもわかりますが、脈アリかわからない段階での異様な絡みは恐怖ですから。

■他の人の前で「彼のことをよく知っている風」発言

片思いでも、影からそっと彼を覗いている時には起こらないのですが、彼とある程度仲が良く、普段から喋るような間柄だと起こりがちなのが、「彼のこと良く知ってます」発言。
好きな彼も含め数人で飲んでいる時に「あー、〇〇君ってそういうところあるよねー」など彼を良く知っている発言をしてしまったことがある女子もいるはず。

確かに、昔からの幼馴染で他の人よりも彼のことを知っているのならわかりますが、ここ数ヶ月の仲なのにあたかも良く知ってますというような発言は、彼からしたら『え?俺の何を知ってるの?』とイラッとされることも。彼があなたに好意を抱いているのなら、知ってます発言も親近感が湧いたりとプラスになることもありますが、好意を抱いていない場合の、知っています発言は『なに勘違いしてんだ?』と彼と遠ざけてしまうこともあるので要注意です。

■終わりに

好きすぎると自分でもよくわかない行動をしちゃう時ってありますよね。何も行動を起こさないよりかはマシですが、上述は引かれやすいので脈アリかわからない段階では控えたほうがいいです。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事